ベビーシート・ベビーカー・抱っこひも

ベビーカー試乗での注意と購入の際に気を付けたい4つのこと

更新日:

執筆者:高橋奈奈子

どんなベビーカーを選べばいいの!?

妊娠中は、出産準備品が多いですね。
妊娠中に購入予定の方も、産後に購入する予定の方も、子どもを乗せてみて初めて気が付くことはたくさんあると思います。
自分自身の経験や、先輩ママから多く寄せられる声を聞きながら、

  • 試乗する際に気を付けたいポイント
  • どんなベビーカーを選べばよいのかチェックポイント
  • 実際に私自身が購入したベビーカーの満足点や残念な点

をご紹介したいと思います。

試乗するときの注意点

1.ベビーカーを路上で実走する場合を想像してみる

ベビーカーパパママ
お店で試乗するときは、凹凸のない床がほとんどです。
実際にお外へ出るとでこぼこ道もありますので、「走行性」はお店の時よりも劣る場合があります。

2.夏場の日差しも考える

ベビーカー赤ちゃん
サンシェードは日差しを遮るものですが、店内ではどれほど想定できるでしょうか?
一見すると深さがあり、しっかりしているようでも、完全には防ぎきれない場合もあります。

選ぶポイント

ベビーカー赤ちゃん3

1.軽すぎないか?段差の多い場所を行き来しないか?

軽いベビーカーが流行しています。
しかし、

軽すぎるのも新生児を乗せるには頼りなく感じるという声があることを知っておいてください。

少しの段差でも、ベビーカーはグラグラすることもあります。
そのため、安定性を求めるならある程度の重さのあるベビーカーの方がいい場合もあります。

2.収納かごの容量はどうか?

大容量の収納かごが自慢

大容量の収納かごは意外と重要です。

なぜなら、ベビーカーで移動しても慣れないうちはぐずることもあります。
ある程度大きくなるまでは、ベビーカーでの移動の場合も抱っこ紐を持っていく必要があります。
抱っこ紐はかさ張るので、大容量のバスケットの方が便利だと思います。
特にB型ベビーカーの収納かごは軽さを重視したデザインが多く、収納かごが小さいものが多いように感じます。

3.メインの移動手段はなににするか?

エルゴオリジナル
ベビーカー移動の場合、駅でエレベーター探して、デパートなどでエレベーター探すなど
とにかく移動時間がかかります。
産後疲れが出ている方や腰痛持ちの方はベビーカーの方が楽かもしれません。
しかし、街中でのおでかけ好きなママは、抱っこ紐の方が楽だと思います。

執筆者の場合

私は、腰が座るまでベビーカーを使わず抱っこひもで移動しました。
生後3か月くらいは、子どもを連れてそんなに移動しないと思っていました。
実際移動してもベビーカーより抱っこ紐の方が楽でした。

4.住環境に合ったベビーカーを!

ベビーカー選びは「スタイリッシュだけど重たい」「軽いけど収納がない」など一長一短と言った印象があります。
例えば私の場合、ベビーカーの収納場所は車のトランクです。
日常的には抱っこ紐を使用していたこともあり、

  • 折り畳んだ時のコンパクトさ
  • 折り畳みやすさ

を重視しませんでした。

そんな私が選んだのはリッチェルのベビーカーでした

リッチェルのベビーカー

購入して良かった点

1.他の人とかぶらないデザインは自慢!

ベビーカー連れの親子を見かけると、周りは似たようなベビーカーが多いなと感じます。
まったく同じデザインよりも人と違ったものを選びたいという私にはぴったりのベビーカーだと思います。

2.新生児対応ベビーカーではなかなかない価格

新生児対応ベビーカーは、新生児に使う頻度は少ないのに価格が高いですよね。
そのことが気になってB型ベビーカーを選びました。
新生児対応のような「フルセット」(対面式やリクライニング機能、ワンタッチ開閉などの機能が充実)ではありません。
ですが、B型ベビーカーの中では、ある程度しっかりした作りをしています。

残念に思う点

リッチェルベビーカー

1.走行性

思い通りに曲がれない不便さを感じます。
360度オートフォーキャスのものだと走行が楽だと思うかもしれません。

2.リクライニング機能

小さいうちは抱っこしないと寝てくれない赤ちゃんも、月齢が上がったり、ベビーカーになれると乗ったままお昼寝をしてしまうことが多くなります。
そんな時は、フルリクライニングの方が、気持ちよく眠れそうだなと思うことはあります。

3.サンシェード機能

B型ベビーカーでは、残念ながらサンシェード機能のしっかりついているものはほとんどありません。
シェードの大きく深さのあるものを選んだつもりでしたが、(大げさなくらいしっかりしたサンシェードでないと、)完全に日差しをシャットアウトするのは難しいのだと使ってみてわかりました。

まとめ

収納場所や住環境によって、何を重視すべきかは変わってくると思います。
みなさんがベビーカーを選ぶときは、ぜひ住環境に合ったベビーカーを選んでくださいね!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

-ベビーシート・ベビーカー・抱っこひも
-

Copyright© 安産ライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.