準備したいもの

マタニティウェアは必要?賢く買うなら厳選アイテムの購入がおすすめ!

投稿日:

執筆者:梅田万由子

マタニティウェアって必要?選ぶならどんな服?

初めての妊娠で、お腹がふくらんでくると困るのが洋服ですね。
マタニティウェアがたくさんありますが、どのような服がいいのか悩みます。
妊娠は一時期のことで購入を迷う方もいると思います。
では、マタニティーウエアの賢い買い方はないでしょうか?

1.ボトムはマタニティ専用がお勧めです

matanitybottom
お腹が大きくなってきて一番困るのが、ボトムスではないでしょうか。
サイズの大きいズボンやスカートでも代用はできますが、どうしてもお腹周りはきつくなってしまいます。
お腹を圧迫してしまうこともありますので、伸びない素材の服はあまりお勧めできません。
いつもの服を使い回すのでしたら、ウエストが紐で調整できるようなゆったりとしたボトムがいいですね。

マタニティのパンツやスカートは、一番気になるお腹部分は優しく伸びてフィットする素材が使われています。

お腹が小さい時から大きくなるまで履けるようにウエストのサイズを調整できるアジャスターがついているものも多いですね。
ですからマタニティ用のボトムは1枚持っていると便利です。
産後もすぐには産前に履いていた服を着られません。
マタニティボトムのウエストを調節して使い回すことができます。

マタニティーデニム

見た目も全く妊婦さんには見えない可愛いボトムもたくさんあります。

万能なマタニティーレギンス

レギンスは1本あるとどんな服にも合わせられてとっても便利です。

手持ちのボトムスがマタニティー仕様になるグッズ

どうしてもマタニティウェアは嫌!という人もいるのではないでしょうか?
そんな方には、手持ちのデニムパンツなどにつけてマタニティとして履くこともできるグッズがあります。

2.使えるのはチュニック丈のふんわりカットソー

fuku
トップスはマタニティ以外でも十分使い回すことができます。
体にぴったりとフィットした素材はマタニティー期に着るのは難しいです。
しかし、ふんわりとしたシルエットのカットソーやチュニック丈なら、お腹が出てきても包み込んでくれます。
ただ、どうしてもお腹が大きくなる分トップスは前が短くなってしまいます。
それが気にならないのでしたら、産後も使うことを考えて、ふんわりとしたカットソーがお勧めです。
ゆったりしたカットソーなら、赤ちゃんの授乳時にもカットソーの中に赤ちゃんを入れて授乳することもできます。

3.授乳機能つきのマタニティウェア

junyuhuku
おしゃれなマタニティウェアも最近では見かけます。
しかし、妊娠中しか使わない服にあまりお金をかけたくないとも思いますよね。
授乳ができるトップスも販売されていますので、敢えて選ぶなら授乳服を兼ねたマタニティウェアもいいですね。
授乳服はフロント部分に隠しボタンなどがついていますので、外出時にもさっと赤ちゃんに授乳することができます。
慣れてきたら胸元を隠す小さいタオルがあれば、周りからも赤ちゃんを抱っこしているようにしか見えない程です。
服をめくりあげて授乳せずに済むので、外出用に一枚あるととても便利です。

執筆者の体験談

元々服はSサイズだったので、妊娠中もぎりぎりまでは普段の服を着ていました。
お腹が大きくなった時も伸縮する素材のレギンスを履いていました。
産後履いてみたら、レギンスはすっかり伸びて履けない状態になっていました。
お気に入りのボトムだけに、どうせならもっと早くにマタニティウエアを着ていていたら…と、ちょっと後悔しました。

まとめ

マタニティウェアは、一時期着るだけの服です。
一時期だけだから、うまく着回すというのも良いですね。

あるいは考え方を変えて、一時期だからこそ妊娠中しかできないファッションを楽しむという考えもあります。

長いようで短いマタニティ期間を、おしゃれに楽しんでくださいね。
執筆:梅田万由子

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

-準備したいもの
-

Copyright© 安産ライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.