双子育児

双子を預けて職場復帰!保育所選びで注意したい3つのこと

更新日:

執筆者:篠原佳苗

双子の保育所選びで注意したい3つのこと

子どもが保育園に預けられる年齢となったら、職場に復帰予定のママもいらっしゃると思います。
保育所にも色々な種類がありますよね。

双子を預ける場合、どんな保育所に預けたらいいでしょうか?

1.希望する保育所は認可か認可外か

働くママ1
保育所といっても、実は種類があるのをご存知ですか?
保育所には、国から認可されているものと、認可されていないものがあります。

認可保育園・こども園

働くママ3
国から認可されている保育園・こども園は、比較的安く利用することが可能です。
ただし、妊娠中から入園申請をする必要があるなど、入園が順番待ちということも少なくありません。
少ない承認枠を巡って、ストレスを溜めるお母さんも多いようです。

認可外保育園・子ども園

働くママ8
保育料は認可に比べると高額です。
認可保育園の待機児童である間に、通うことも多い保育園です。
入所の定員枠が余裕がある場合も多く、入園をまたされることは少ないようです。
ただし、保育料が高額なため、双子の場合は、兄弟割引があったとしても、月に10万円前後はかかるのではないでしょうか。
できるだけ保育料を抑えたいなら、このような点も注意したいですね。

2.認可保育所に入所したい場合はどうすれば良い?

働くママ6
双子、もしくは兄弟がいる場合は、保育料や1人の子どもに対する保育士の人数などから、認可保育所を希望する家庭が多いようです。
しかし、希望したからといって、すぐに入所することができるわけではありません。
まずは、住んでいる地域の市町村に届出を出し、審査後に入園となります。
4月に入所を希望するのなら、前年の12月ごろには健康診断書などの書類を出しておかないといけません。
認可保育所を希望してもだめだった場合、認可外の保育所に通いながら、認可の空きを待つことも視野に入れて活動したほうが良いかもしれません。

3.保育所に入りやすい年齢とは

働くママ5
認可保育所の定員がいっぱいで待機児童が出ているイメージがつきものですが、いつも定員一杯だとは限りません。
3歳児からのクラスからは定員が増えるため、タイミングによっては入園しやすいのではないでしょうか?
双子で認可保育所を利用するなら、3歳まで待ってみるのも良いかも知れません。

まとめ

双子が保育所に入所する場合には、空きが無い場合もあります。
また、認可外保育所は認可保育園よりも取り組みがさまざま。
なかには、英語教育や知育、体操のカリキュラムに力を入れているところもあります。
認可外の保育所にも特色があります。
子供の可能性を伸ばしたいなら、このような認可外保育所を考えてみても良いかもしれませんね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

-双子育児
-

Copyright© 安産ライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.