双子育児

双子ママに教わる!手が足りない時に味方になってくれた育児用品

更新日:

執筆者:先輩ママ(双子ボーイズママ)
編集者:森野杏莉

ママの手がいっぱいでも、赤ちゃんを落ち着かせてあげたい

双子の赤ちゃんや、年の近いお子さんがいるご家庭では、ママの体がいくつあっても足りないと感じること、ありませんか?
赤ちゃんが泣いているときに限って、片方の兄弟も泣き出したり、いたずらをしたり、誰かに助けを求めたくなりますよね。
双子ママの私が、てんてこまいな局面にどのように対処してきたかお教えします。

スイングラックに、少しだけママ代わりをしてもらう

ハイローチェア

リビングにスイングラックを置いて過ごしていました。

ベビーベッドを寝室に置いている場合に、日中赤ちゃんを置いておく場所として便利です。
また、ロー&ハイの高さ調節ができますので、リビングでは低くして、ダイニングでは高くすれば椅子に座って食事する大人からも赤ちゃんが良く見えて好都合です。
キャスターがついているため、赤ちゃんを乗せたままの部屋移動も簡単です。
また、双子を二人同時にお世話するために、私にとって一番便利だったのは、スイングラックを縦に並べて、片方をゆすると、もう一方にあたって両方を同時にスイングさせることが出来たことです。
バウンサーではこれはできなかったと思います。

スイングラックに助けられたこと

  • 泣き止む

スイングラックでゆすると赤ちゃんはよく泣き止みました。スイングラックがなかったら、おそらく子供たちは一日中泣いていたと思います。

  • 寝る

寝かしつけにも有効でしたので、首が座らずおんぶしてあげられない上に、手がいっぱいな状況では大いに役立ちました。

  • ミルクを自分で飲む

赤ちゃんが真ん中にはまるようなカーブ形状になっているので、哺乳瓶をスイングラックと赤ちゃんの顔の間にはめておけば、まだ哺乳瓶を持てない月例の赤ちゃんに自分でミルクを飲んでもらうことが出来て助かりました。

まとめ

双子
二人同時のお世話を日々こなしていくためには、手を抜けるところは抜いていこうと工夫してきました。
スイングラックがなかったら、首の座らない時期にはどうやって寝かしつけていたのだろうと思います。

執筆:先輩ママ(双子ボーイズママ)

先輩ママのプロフィール
石川県で暮らす20代の兼業主婦です。双子の男の子がいます。
双子なのに大変そうに見えない、と言われる要領の良さが自慢です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

-双子育児
-

Copyright© 安産ライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.