知っておきたいお産のこと

妊娠出産でおっぱいの下にあせもが大量発生!おすすめしたい予防法3選

更新日:

なんとなく違和感を感じて確認してみたら、あせもがびっしり!
という事が妊娠・出産時に起きてしまう時があります。

いつの間にかあせもがこんなに!?オススメの3つの予防法

特に夏は汗をかきやすいので、あせもができやすくなります。

そんなトラブルにならない為の3つの予防法をご紹介します。

1.ガーゼをはさみ、汗をしっかり吸収

ママ子ども疲れ
女性は妊娠をするとホルモンのバランスで、胸が大きくなることが多いでしょう。
さらに妊娠中は赤ちゃんがいる分、体が熱くなります。

その為、汗をかく機会が増えるので、おっぱいの下にあせもができることもあります。

下着をこまめに取り替えたり、下着を変えるのが難しいのであれば、ガーゼをおっぱいの下にはさんでおきます。
ガーゼもこまめに替えると、あせもがかなり改善されます。
ガーゼならば持ち歩きも楽ですし、交換するのも簡単なのでオススメです。
ひどくなれば、ただれて痛みが出ますので、適切な処置をして快適に過ごしましょう。

2.産婦人科の担当医に相談を!

021ナースこちら
授乳中となれば少し難しいと思いますが、あせもも皮膚の病気なので、適切なケアが必要です。
皮膚科の男性医師に、胸の下のあせもをみせるのは嫌かもしれませんよね。
そんな時は産婦人科に相談しましょう。

あせもであれば、軽いステロイドの軟膏で治ります。

出産後、授乳中ならば、赤ちゃんが触ったり、口に入れてしまったりしても大丈夫な薬もあるので、担当医に相談しましょう。
また、かゆみがひどい場合はかゆみ止めの薬なども処方しつもらえるかもしれませんので、気軽に相談しましょう。
辛い場合は、我慢せずに治療をすることも大切ですよ。

3.風通しのいい下着を選びましょう。

マタニティブラ
あせも対策には、汗をしっかり拭き取り、皮膚どうしの接触している箇所に汗が残らないようにするのが鉄則です。
まずはあせもができないように、体を清潔にし、汗をかかないようにしましょう。
風通しのよい肌着にするのもオススメです。

妊娠中用のブラジャーでも、風通しのよいタイプもでています。

下着メーカーにもお値段はしますが、しっかりとした機能がある種類がでています。
蒸れることがない下着であれば、ストレスもかゆみも減ります。
かなり快適に過ごせるので試してみてはいかがでしょうか。

先輩ママの体験談

妊娠以前から、夏場はいつも胸の下に汗をかき、油断すると、あせもができてしまいました。
妊娠してからはさらに胸が大きくなり、冬場でも汗をかくようになりました。
通気性のよいブラジャーなどで対応をしていましたが、あせもができてしまいました。
婦人科の先生に薬を処方してもらったところ、あせもが治りました。
(まやとる39歳・8歳息子、4歳息子・千葉県在住)

まとめ

汗をかかないように工夫し、体を清潔に保てば、あせもができにくくなります。
また、できてしまったあせもも、適切なケアをすればすぐに治ります。
しっかりした対策とケアで、快適にすごしやすくなります。

一番してはいけないことは、そのままにしてしまうことです。

妊娠中から授乳中にかけてが胸が大きくなる時期ですが、あっという間に過ぎる期間なので、上手に付き合い、快適に過ごしましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

-知っておきたいお産のこと
-

Copyright© 安産ライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.