妊娠後期

妊娠後期はどんな運動がおすすめ?安産と体重管理におすすめな3つのこと

更新日:

執筆者:山中あかね

体重管理をしつつ安産の為の体力をアップする運動とは?!

安定期に入ってから、つわりの辛さから解放されて食べ過ぎてしまっていませんか?
つわりの時に溜まった食事に対するストレスを解放したり、出産に向けて体力をつける必要はあります。

篠原さん_指さし 右配置体重のの増えすぎは避けたいところ!
そこで、体重管理をしつつ、安産にオススメの運動をご紹介します。


1.一番のおすすめはウォーキング

walk
一番のおすすめは何と言ってもウォーキングです。
特に医師の診断書も必要としないので、自分の体調と相談しながら調整できるのがポイントです。

ウォーキングのときは、動きやすい服装に最低限の荷物で出かけ、歩くことに集中するといいですね。

篠原さん_指さし 右配置気を付けて欲しいポイントは

  • 水分補給はしっかりと
  • 緊急時の備えとして、母子手帳と携帯は持ち歩く
  • 気分が悪くなったら無理せずに休むこと

の3つです。
臨月に入ったらある程度のなかの張りは神経質にならないほうがいいです。
おかなの張りは出産の準備を体がしている証ですから。
たくさん歩いてくださいね。


普段、ウォーキングなんて無縁だったというママは、パパにも付き合ってもらい、夫婦の時間を楽しむのもオススメです。

2.雑巾がけが安産につながる

ママ雑巾がけ
雑巾がけも、運動不足解消の手助けになります。

しゃがむ姿勢が、骨盤周りの筋肉をほぐす手助けになるので、安産のために良いとされると母親学級で習う方もいるほどです。

大きなお腹が重たく、姿勢をキープするのは大変ですが、なるべく膝をつかずに腰を上げた状態で行うのがおすすめです。
しかし、気分が悪くなったりおなかの張りを感じたら休憩するようにして、無理をせず体調と相談しましょう。
産後は、家の掃除は最低限しかできず、床の拭き掃除にまでは手が回らないもの。
出産前にお部屋をピカピカにしつつ、運動不足も解消しちゃいましょう!

3.医師の許可や診断書が必要な場合もあります

021ナースこちら
妊娠生活も安定期に入ると、適度な運動を進められますが、
マタニティビクス等は医師の診断書や許可が必要となります。
しかし、妊娠経過が順調でしっかり体を動かしたい人にはおすすめです。

また、マタニティヨガは自宅でも気軽にできるメリットがあります。

ヨガのポーズは、肩こりや腰痛、むくみなどのトラブルが悩みの妊婦さんにも役に立つことが多いので、ぜひ経験してみてはいかがですか?

また、ヨガは深く呼吸をしながら行います。
陣痛から出産を乗り切るには、呼吸法はとても重要なので、呼吸法を身につけられるのもいいですね。

先輩ママの体験談

2人目を妊娠中、臨月に入る直前までフラダンスを習っていました。
一見、優雅に見えますがフラダンスは、腹筋や太ももの筋肉を使い意外とハードです。
しかも、腰を回す動きが骨盤にもよいとされています。
妊娠中はあまり無理をしないようにしていましたが、ハワイアンミュージックを聞きながら、ゆったりした気持ちで楽しんでいました。
お腹の赤ちゃんも、リラックス出来ていたのか、胎動も激しかったです。
(りょうくんママ・37歳・7歳娘・2歳息子・7か月息子・東京都在住)

まとめ

妊娠後期は油断すると一気に体重が増加します。
体重が増えると、産後ダイエットもその分苦労します。
また、命がけの出産を乗り越えると、待ったなしで24時間フル活動の育児がスタート。
そんな生活に耐え抜くために、体重管理も重要ですし、体力作りも必要不可欠です。
妊娠経過が順調なのであれば、しっかり運動して出産に備えるといいですね。

執筆:先輩ママ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

-妊娠後期
-

Copyright© 安産ライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.