安産・健康レシピ

妊婦の飲めるコーヒーは1日何杯まで?コーヒー好きが薦める妊娠期の乗り切り方

更新日:

執筆者:篠原佳苗

妊婦でもコーヒーが飲みたい!妊娠中の乗り越え方

妊娠前は朝昼晩コーヒーを飲むことが日課だったのに、急にコーヒーをやめるなんて・・・
と頭を抱えている妊婦さんは少なくないはずです。
カフェインは赤ちゃんにとって良くないことは有名で、それは本当のことです。
それは、よく分かっているけれど、コーヒーが飲めないイライラはどうしたらいいの?
そんな妊婦さんに、おすすめの方法をまとめてみました。

1.1日に飲めるのは〇杯ってご存知ですか?

ママ美容 (26)
妊娠前からよくコーヒーを飲んでいたママは、妊娠をしてからも飲みたくなってしまいますよね。
カフェインを大量に摂取するのは赤ちゃんにとってよくないですが、1日2杯程度なら大丈夫だとも言われています。

普段から1日に何杯も飲んでいる、またはカフェインが気になるがコーヒーが飲みたいというママは、カフェインレスのコーヒーがオススメです。

カフェインのないタンポポコーヒーなどは赤ちゃん洋品店などで気軽に手に入りますし、他にもカフェインレスのカフェオレなども売っていますよ。
コーヒー好きなママでも我慢せずに楽しめると思います。

タンポポコーヒーは普通のコーヒーと比べると風味や味に違いがあるように感じることもあるようです。
1度に大量に買うのではなく、いろんな銘柄の物を購入し、自分の好みに合った物を選ぶ方がよいと思います。

2.コーヒーチェーンのデカフェを購入する

ママ働く (17)
カフェインレスのタンポポコーヒーの味に物足りなさを感じたり、風味や香りが口に合わない方もいるでしょう。
そんな方は、デカフェを購入する事をオススメします。
コーヒーチェーンのドトールやスターバックス等で販売しているカフェインレスのコーヒーです。

コーヒーチェーンの商品という事もあり、コーヒー本来の味や香りもしっかりとあります。

コーヒー好きにも普通のコーヒーと味わいの違いが全然わからないくらい美味しいコーヒーではないかと思います。
普段からよく飲むコーヒー好きなママでもデカフェなら味や香りの抵抗なく楽しめると思います。
1パック買うと量が結構ありますが、産後もおっぱいをあげる場合は引き続きカフェインをあまり摂取しないほうがいいので問題無いですね。
また、店頭でもデカフェのコーヒーを頼むことも出来るので、出先で飲む場合はデカフェを頼んでみましょう。

3.たまに息抜きで好きなコーヒーを飲む

コーヒー
妊娠中は赤ちゃんのために、普段のコーヒーをカフェインレスコーヒーに変えて飲むのが1番です。
でも、どうしても好きなコーヒーがあったり、カフェインレスコーヒーで物足りなさを感じたりすることもありますよね。

そんなときには、たまには息抜きで好きなコーヒーを飲むことをオススメします。

我慢しすぎてストレスになると、かえって赤ちゃんに悪い影響になってしまいます。
病院でも1日2杯程度なら大丈夫だと言われているので、カフェインの取り過ぎに注意して飲んでいれば問題ないと思います。
かといって、沢山飲むことは良くないので、疲れが溜まった時やストレスを感じた時に1・2杯にしておきましょう。

先輩ママの体験談

妊娠中、コーヒーを飲みたいと思いましたが、
カフェインの影響や赤ちゃんの事を考えると怖くなり、飲めませんでした。
タンポポコーヒーにチャレンジしましたが、私の口に合わず美味しいと思えませんでした。
スターバックスのデカフェを購入したところ、普通のコーヒーと全く違いがなく、美味しく飲めました。
今も授乳中なので愛飲しています。
(わかばーにゃ 27歳 3か月の娘 静岡県静岡市在住)

まとめ

母体がカフェインを沢山摂取してしまうと、流産や早産、低体重児の危険があります。
また、鉄分やカルシウムの吸収を抑えてしまう事があります。

さらに、胎盤を通じて赤ちゃんへも行ってしまうのですが、赤ちゃんの肝臓でカフェインを排出するのに時間がかかるので大きな負担になってしまいます。
まずはこのような、カフェインのマイナス面は理解しておきましょう。

しかし、我慢のしすぎもまた赤ちゃんにとってよくないですね。
コーヒー好きなママが妊娠中ガマンし続けるのはかえってストレスになります。
そんな時にはぜひ上の方法を試してみてください。

執筆:篠原佳苗

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

-安産・健康レシピ
-

Copyright© 安産ライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.