準備したいもの

赤ちゃん寝かしつけが上手くいかない!寝かしつけの強い味方はコレだった

更新日:

執筆者:先輩ママ(まめまめ)
編集者:西丸みのり

寝かしつけが上手くいかない!どうしたらいいの?

寝かしつけで悩んでいませんか?

初めての育児で、多かれ少なかれほとんどの人が悩むことの一つに「寝かしつけ」があります。
特になかなか眠ってくれないタイプの子は、お母さんを悩ませますよね。

添い寝添い乳でなければ寝ない子。
おんぶでは寝るけれど、下ろすとすぐに目を覚ます子。
寝付いたと思ったら、一息つく前に起きてしまう子…。

眠らない子のタイプは様々ですが、今は寝かしつけを助けてくれるグッズがたくさんあります。
寝かしつけでおすすめなグッズをご紹介したいと思います。

寝かしつけを手助けしてくれた ベビーチェア

6_nem
実家が遠く、産後は日常的な家事が滞りがちになっていました。
夫は平日日中仕事があり、なかなか家事を頼みにくい環境でした。
初めての育児で手の抜きどころがわからず、頭の中は常に赤ちゃん優先…特に寝かしつけで苦労しました。

今考えると当たり前ですが、赤ちゃんは大人の都合では眠ってくれません。
わたしは「とにかく寝かしつけをしないと!」と思い込み、毎日長時間寝かしつけのために時間を取られていました。

そんな状況では、掃除などの家事ははかどらず、家の中が散らかっていることでまた気が滅入ってきました。
なんとか家事も育児も両立させたいと思い使い始めたのがハイローチェアです。

オートスイングではかどった家事

購入したハイローチェアには、オートスイング機能がついていました。
赤ちゃんに心地よい揺れで、寝かしつけがとてもスムーズになりました。
口コミでは賛否両論ありましたが、我が子にはピッタリで、とても助かりました。

良かったのは寝かしつけがスムーズになったことだけではなく、ハイローチェアが
自動で揺れてくれている間に家事に手がつけられるようになったことです。

赤ちゃんにかかりきり、抱っこしっぱなし…という日常が、このチェアのおかげで
少しだけ自由になる時間ができたのです。

ママのサポート役として

自動で揺らしてくれるチェアは「機械に育児を任せっぱなしにしている」と思われる
場合もあるでしょう。
特に昔には無かった商品ですので、自分たちの親世代からは「そんな機械に頼って…」と言われてしまうこともあるかもしれません。

しかし、三世代同居などで人の目が多かった時代とは異なり、今は核家族が多く、
日中の育児のほとんどがママに任されている家庭もとても多いのが現状です。
24時間ずっと赤ちゃんを見守っていれば、疲れてしまうのは当たり前です。

そんな中、育児を少しだけ助けてくれるサポーターとしての役割も担える可能性があるのではないでしょうか。
「自動」「機械」という単語からネガティブなイメージを感じるのではなく、「いざという時助けてくれるアイテム」ととらえてみては?

たとえば、腰痛や腱鞘炎がひどくてできるだけ体を休めていたい場合などにも、この自動機能は有効ですよね。

まとめ

ママ自身が頑張りすぎて倒れてしまう前に、お子さんに合ったアイテムが見つかると、育児はずいぶんと楽になります。

我が子の場合は、ハイローチェアにかなり助けられました。
オートスイング機能がついたハイローチェアは、手動のものよりどうしても高価になります。
ただ、その分機能は充実していて、新生児期から4歳頃まで使うことができます。

育児グッズのうち、どこにお金をかけるかは各家庭の考え方次第ですが、
我が家はしっかりしたハイローチェアを選ぶことによって、家事と育児のストレスが減りました。

子どもが眠ってくれることで、ママにも心と時間のゆとりができるなということを実感する毎日です。

執筆:先輩ママ(まめまめ)
先輩ママのプロフィール

神奈川県在住。11月生まれの女の子のママです。
寝かしつけもおかげさまでとてもスムーズです。

編集:西丸みのり
西丸みのり

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

-準備したいもの
-

Copyright© 安産ライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.