ぐずり・夜泣き・寝かしつけ対策

抱っこの寝かしつけはいつまで?ねんねトレーニングのコツ3選

更新日:

執筆者:先輩ママ

寝かしつけの対処法

赤ちゃんが寝ついてくれなくて困っていませんか?
赤ちゃんが寝たのでベッドにおろすと、また目が覚めてしまう。ママは困ってしまいますよね。

[mobile-only] 【広告の下へ続く】
[/mobile-only]

どうしたら、すっと寝付いてくれるんだろう?
と、思いつつ、コツがわからなくて不安なママも対処法がわかると、楽になります。
赤ちゃんが寝ついてくれない3つの場面とおすすめの解決方法をご紹介したいと思います。

1.抱っこからおろすと起きてしまう時はどうしたらいい?

ライフスマイルym (11)
抱っこだと寝てくれる赤ちゃんが、ベッドにおろした瞬間に起きてしまうことがよくあります。
赤ちゃんは抱っこじゃないと寝てくれない…とママは悩みますね。

おすすめの解決方法:ママのにおいをそばに置いてあげる

赤ちゃんは、ママのにおいがすると安心な場所にいると感じて眠れるのです。

ママのいつも使っている服や掛けふとんなどを、赤ちゃんの頭の下に敷いてみてください。
その時、赤ちゃんの顔にかからないように、気をつけてくださいね。

2.抱っこで寝かせるのもつらい時はどうしたらいい?

ライフスマイルym (20)
赤ちゃんを抱っこして寝かせるのは、腕も痛くなるし体力的にも大変です。
しかも、抱っこからベッドに移動したら起きてやり直し…ではママはつらいですね。

おすすめの解決方法:腕枕付きの添い寝がおすすめです

抱っこに近い形で、腕枕で添い寝して寝かせてあげます。
赤ちゃんにママの心音が聞こえて、安心して眠ってしまうことが多いので、左腕での腕枕がおすすめです。
赤ちゃんが寝たら、起こさないように腕をどかせば、そのまま眠ってくれます。
寝つきにくい時は、右手で赤ちゃんの胸にかるくポンポンとリズムをつけてあげましょう。
髪の毛をかき上げるようにして、なでてあげてもいいですね。

3.最後は抱っこにたよってしまうときはどうしたらいい?

子ども赤ちゃん (234)

[mobile-only] 【広告の下へ続く】
[/mobile-only]

赤ちゃんかなかなか眠ってくれないと、最終手段として抱っこして寝かせてしまう…
これが習慣化してしまうと大変ですよね。

おすすめの解決方法:息漏れ子守唄+αがおすすめです

保育士の大半の方は、息漏れ子守唄+αで赤ちゃん達を寝かしつけます。

息漏れ子守唄は、口をほんの少し開けた状態で、『シュー、シュー、シュー』と息を吐くように言うだけです。

このシューという発音は、大人が眠っている時の呼吸音に似ています。
赤ちゃんが眠くなる周波数に近い音でもあるのです。
+αは、腕枕の時と同じく、ポンポンリズムや頭を撫でてあげたりがおすすめです。
ママの体に赤ちゃんをくっつけてあげれば、より効果が増します。

先輩ママの体験談

わが家では、長女も次女も抱っこじゃないと眠ってくれなかったので、結構苦労しました。
長女は腕枕でどうにか眠ってくれましたが、次女は腕枕では眠ってくれず、悩みました。
次女は抱っこして眠くなる直後、胸に頭をこすりつけて眠っていたので、試しに着ていた服を脱いで布団代わりにかぶせたらそのまま朝までぐっすりでした!
お母さんがそばにいるという安心感を与えれば、赤ちゃんは意外に抱っこしなくても眠ってくれるということがわかりました。
(あこたむ27歳・現在妊娠6ヶ月・3歳長女・2歳次女・沖縄県在住)

[mobile-only] 【広告の下へ続く】
[/mobile-only]

まとめ

赤ちゃんを抱っこして寝かせるのは、親子ともに幸せな時間ですね。
でも腕が疲れたり、ママの睡眠時間が減るマイナス面もあります。
抱っこからベッドに移したときに、赤ちゃんが起きてしまうと、一からやり直し…これでは、赤ちゃんにもお母さんにもストレスが溜まってしまいますね。

抱っこ以外のねんねトレーニングは、最初は赤ちゃんが泣いてしまうかもしれません。
でも、地道に練習していけば、最終的には赤ちゃんが自分で眠りにつくようになります。
ママの負担も減るので、気長にためしてみませんか。

執筆:先輩ママ

-ぐずり・夜泣き・寝かしつけ対策
-

Copyright© 安産ライフ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.