授乳育児について

混合栄養に切り替えたら体重が増えすぎた!生後1か月でミルクをやめるべき?

更新日:

執筆者:鈴木真理子

生後1か月の混合栄養で体重が増えすぎの赤ちゃんはどうしたらいいの?

赤ちゃんが生まれてから、毎日必死で授乳を頑張ってきたママも多いのではないでしょうか?
ずっと、母乳だけでは足りないと思ってミルクを足していたママもいらっしゃると思います。

ところが、健診や保健師さんのチェックで「飲ませすぎです」と言われてしまったら、どうしたらいいのか迷いますよね。

そんな混合栄養のママからSNSを通して質問をいただきました。

「質問:生後1か月の頃、母乳が足りず混合栄養にしたところ逆に体重が増えすぎています。
病院からはミルクをやめるように言われやめたのですが、おっぱいはそれほど出ません。
こんなご経験のある方は、どうしているのでしょうか?」

サイトでアンケートをとりましたので、先輩ママが行ってきた方法をご紹介したいと思います。

1.アドバイス通りミルクをやめる

kk赤ちゃん (2)
ママは、自分では「おっぱいはそれほど出ない」と思っていますが、実はちゃんと足りていることがよくあります。

その証拠が、赤ちゃんの体重増加です。

ミルクを足してちょうどいい体重増なら、母乳は足りないのでしょう。
でも、体重が増えすぎなら、ミルクを足さなくて大丈夫なくらい母乳が出ているはず。
心配なら、お家で授乳前と後の赤ちゃんの体重を計ってみるのがおすすめです。
赤ちゃん用の体重計がない場合は、ママが赤ちゃんを抱っこして体重計に乗って計ってから、
次にママだけの体重を計り、その分を引けば赤ちゃんの体重がわかります。

先輩ママの体験談:飲む前と後で体重を計り、飲めているならミルクはいらない

mam_赤ちゃん (5)おっぱい飲む前に体重を計って、片方飲み終わった後に体重どれだけ増えたか計ってみたらどうでしょうか?
両方計ってみてある程度飲めているのなら粉ミルクは、いらないと思いますよ!
私は、入院中は混合でしたが退院前に完全母乳になりました。
飲む前の体重と飲み終わったあとの体重でどれだけ飲んだか計ってみました。
右と左で飲む量が、違うので飲みの悪い右から飲ませていました。
それで十分体重も増えていき、問題ありませんでした。
(みいちゃん26歳・1歳息子・石川県在住)

先輩ママの体験談:アドバイス通りにミルクをやめて様子を見る

rcn赤ちゃん1か月 (30)とりあえずは、病院のいう通りにミルクをおやめになって、様子を見るのはどうでしょうか。
体重が激減したりお腹が空いて眠れないようなら、ミルクを与えてはどうでしょう。
私の場合、ほとんど母乳は出ていないと思ったので、ミルクを主にあげ、眠る時にのみ母乳を与えていました。
(くまさん26歳・1歳半息子・大阪府在住)
 

先輩ママの体験談:専門家のアドバイスで母乳だけに変更、体重を定期的に計って確認

rcn赤ちゃん新生児 (21)私も、最初の頃は不安で母乳とミルクの混合にしていましたが、新生児訪問で来てくださった助産師さんに、
ミルクは足さなくて良いと言われ、母乳だけにしました。
訪問で来てくださった助産師さんは、赤ちゃんの体重がちゃんと増えていれば、
自分で思っているよりちゃんと母乳が出ているとおっしゃっていました。
母乳だけにしてみて、定期的に市で行っている乳児相談などに行ったりして、
体重が増えているかなど確認していました。
(ちぃ31才、6才息子、2才息子、埼玉在住)

2.少しずつミルクを減らす

rcn家族赤ちゃん (9)
一度に全部ミルクをやめるのが心配なら、少しずつミルクを減らす方法もあります。
そして、その間に、

  • 助産院などのおっぱいマッサージに通う
  • 赤ちゃんに何度も吸わせてみる
  • 食事を見直す

などして、母乳の出を良くするのです。
そうすれば、無理なく完全母乳に移行できるのではないでしょうか。

先輩ママの体験談:赤ちゃんの様子を見ながら、徐々にミルクを減らしては?

ライフスマイルym (45)おっぱいをあげて、黙って眠るようならその回はそのままミルクを足さずにおきます。
泣くようなら、一回分の半量程度のミルクを足します。
母乳とミルクを合わせて3時間程度でお腹が空いて起きるように調節していくのです。
それと共に、おっぱいを搾乳して、哺乳瓶に溜めておきます。
赤ちゃんが目を覚ますより少し早い2時間ごとに搾乳することで、母乳の分泌量を増やしていくのです。
泣いたらまずは搾乳した哺乳瓶の母乳を湯せんして与え、次に母乳を与え、それでも泣くようであればミルクを足すことで、徐々にミルクの割合を減らしていく、という作戦はいかがでしょうか。
(みーママ35歳・3歳娘・0歳娘・愛知県在住)

先輩ママの体験談:母乳だけにするのが心配ならおっぱいマッサージに行ってみる

ミルクをやめるならおっぱいマッサージに行くことをお勧めします。
ミルクをやめないなら量を減らして間隔をあけてみてください。
私も混合だったのですが最初の検診であまり体重が増えてなくミルクを増やすように言われ次の検診で増え過ぎと言われその後からミルクの量を減らしました。
(YK・1歳息子・愛知県在住)

先輩ママの体験談:ミルクの量を減らして、出なくても授乳(母乳)する、一ヶ月から飲めるお茶を間で飲ませる

ミルクの量を減らして、母乳をあげます。
吸わせる事で母乳が出てくるようになりますし、増えすぎているならミルクを減らしても問題ありません。
水分補給が気になるなら、一ヶ月から飲める赤ちゃん用のお茶を用意してあげるといいと思います。
(かな28歳、2歳と0歳の息子、香川県在住)

先輩ママの体験談:母乳を増やせるように頑張る

ライフスマイルym (30)私の場合は、最初の10日間、恥骨離開を起こした痛みで起き上がることもできず、初乳がほとんどあげられませんでした。
最初の一週間の頻回授乳がその後の分泌量に影響するらしいのですが、スタートダッシュが遅れたために分泌量が増えず、ずっと混合栄養でした。
おそらく、後半などは混合とは言え母乳はほとんど出ていないまま乳首が精神安定剤がわりとなり、ミルクから主な栄養を取っていたと思います。
そのためか、体重は増えまくり、常に成長曲線の一番上をひたすら辿ってきました。
デカイ、デカイと笑われたりしましたが、今さら母乳の量を増やすことはできないので、もう気にせず突き進んでしまいました。
少々飲みすぎでは、と思う回には、反則かも知れませんが粉ミルクより少し多めのお湯で薄めたりして対処しました。
母乳を増やせるようにがんばることもひとつの方法ですし、先生はああ言うけれど、まあいいや、と思って流すこともひとつの方法かも知れません。
(みーママ35歳・3歳娘・0歳娘・愛知県在住)

先輩ママの体験談:桶谷式おっぱいマッサージで母乳のチェックをしてもらう

rcn赤ちゃん新生児 (12)我が家も泣くたびミルクをあげたので、体重が増えすぎました。
ミルクの回数を減らし、泣く時はおっぱいを吸わせていたら、だんだんミルクを飲まなくなりました。
最後は母乳のみで大丈夫になりました。
私もおっぱいがあまり出ないと思っていましたが、桶谷式のおっぱいマッサージに行くと「よく出てますよ」といわれました。
一度専門の場所に行ってみたら自分のおっぱいの状態がよくわかると思います。
(山ママ40歳・4歳、1歳息子・東京在住)

3.ママと赤ちゃんに合っている授乳方法にする

rcn赤ちゃん新生児 (13)
ミルクをやめるのがどうしても不安なら、母乳の方をやめるという方法もあります。
ミルクの利点もあるので、そういう選択肢もあって当然です。
特に、お薬を飲むことが必要なママなどはそうでしょう。

どちらでもよい場合は、母乳を飲ませているとママの体にもよいことがいろいろあることも、考慮してくださいね。

母乳をいつも飲ませているママは、夜中に授乳するための小間切れ睡眠でも大丈夫な体になっているそうです。
また、母乳で赤ちゃんに栄養が行くので、ママの自然なダイエットになり、産後の体調の回復にも役立ちます。

先輩ママの体験談:完全母乳でも、混合でも合っている方で

mam_赤ちゃん (15)完全母乳、又は完全母乳寄りの混合で頑張りたいのなら、赤ちゃんに頑張って吸い続けてもらうしかないです。
お母さんがルイボスティーなど水分を沢山摂るなどしても、やっぱりおっぱいの量は吸われないと増えていかないので。
ただ、完全母乳にすごい憧れがある訳ではないのなら、おっぱいは赤ちゃんの寝かしつけに飲んで貰う程度と割り切って、ミルク寄りの混合に舵を切るのも手ですよ。
ミルク量の調整もしやすいし、何よりお母さんが心配して、せっかくの子育てが辛くなると、赤ちゃんにも伝わってしまうと思います。
(凜ママ37歳、1歳1カ月娘、東京都在住)

先輩ママの体験談:新生児期に栄養が足りないのも心配

rcn赤ちゃん1か月 (63)私の場合、赤ちゃんの口が小さいのに私の乳首が大きめで、1カ月を過ぎてもなかなか上手におっぱいを吸えませんでした。
頑張って搾乳してはいても、やっぱり母乳量は減ってしまい、ミルク寄りの混合で落ち着きました。
最初は凹みましたが、新生児の頃に栄養が足りないと脳の発達に影響が出る可能性があると聞いて吹っ切れました。
母乳にこだわって出ないおっぱいを吸わせ続けるのに疲れていたのもありますが、娘はミルクでも美味しそうに飲んで笑ってくれていたのが幸いでした。
赤ちゃんの体が大きいなら、完全母乳にする為に少しの間ミルク量が減っても問題ないと思うので、お母さんの育てたい方向に合わせて頑張って下さいね!
(凜ママ37歳、1歳1カ月娘、東京都在住)

4.搾乳して母乳の出を確かめる

kk出産準備 (10)
一度搾乳して母乳の出を確かめてみるのも1つの手です。

ただし、搾乳するのと、授乳するのでは、母乳の出は同じではありません。

授乳では、おっぱいが張っていなくても、赤ちゃんに吸われる刺激で、湧いて出てくることがあるのです。
赤ちゃんの顔を見ていとおしいと思うだけで、母乳が急に湧いてくることもあります。
ですから、母乳育児の基本は、とにかく吸わせることです。
先述の「母乳の出を良くする努力」も、一緒に取り組んで見てはいかがでしょうか?

先輩ママの体験談:搾乳してどれだけ母乳がでているか確認しながら、ミルクを足す量を決める

毎回搾乳は大変なので、搾乳+ミルク→ミルクのみを交互にしていました。
私は一度に80mlほど搾乳していました。
次の授乳時間ではおっぱいが張らず搾乳出来なかったので、ミルクのみあげていました。
搾乳とミルクで量がはかれるため、体重が増えすぎることはありませんでした。
(あかりちゃんママ・26歳・3ヶ月・埼玉県在住)

まとめ

母乳はどのくらい飲んだか目に見えないので、飲ませすぎと言われても、なんとなく不安かもしれません。

そんなときは、1人で悩まずに、助産師さんや地域のママを支える保健師さんなどに相談して、
赤ちゃんの成長を確認しながら、自信を持って授乳してあげてくださいね。

赤ちゃんとの授乳タイムが楽しいひとときとなりますように。

執筆:鈴木真理子

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

-授乳育児について
-

Copyright© 安産ライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.