ママと赤ちゃんの健康

生後1カ月・2カ月の赤ちゃんから目を離す時の注意点!安全な遊ばせ方

更新日:

赤ちゃんのそばにいたくても、目を離して家事をしなくてはいけない時などありませんか?
生後1カ月・2カ月の赤ちゃんの事故で多いもののなかに、窒息があります。
そばについて見守っていたいけれど、育児の他に家事もこなさなくてはいけませんし、トイレなどても赤ちゃんから目を離す機会もあります。

どうしても赤ちゃんから目を離さなくてはいけない時に、事故がおきないための注意点や安全な遊ばせ方をご存知でしょうか。

生後1、2か月の赤ちゃんを一人遊びさせるならここに注意!

現役の保健師のアドバイス育児経験者の体験を参考に安全に過ごしてくださいね。

1.赤ちゃんの周りに危険なもの、ありませんか?

ライフスマイルym (20)
生後1、2か月の赤ちゃんは動き回ることはありません。
1日の大半を寝て過ごす赤ちゃんですが、お腹がすいた時やオムツの不快感などで泣きだしてしまうことがあります。
足をバタバタと蹴り動かすことで、ベビーベッドの柵に頭をぶつけてしまうことも。

どうしても赤ちゃんから目を離さなくてはいけない時には、赤ちゃんの周りに危険なものはないか、赤ちゃんが過ごしている場所が安全かどうか再確認してみてください。

先輩ママの体験談:赤ちゃんを安全な場所の真ん中に置いておきました

rcn赤ちゃん1か月 (36)泣いたりグズッたりしていなければ、隣で寝てたり隣にいるだけにしていました。
目を離すときは、音楽を鳴らしたりしていました。
赤ちゃんを安全な場所の真ん中に置いておくことや、機嫌がよさそうなときになるべく目を離すようにしていました。
(ミートカフェ31歳、5ヶ月息子、東京都在住)


先輩ママの体験談:周りに危険なものはないか再三注意を払っていました

mam_赤ちゃん (15)寝返りもまだだと思うのでハンカチなどを近くにおいておくと触って遊んでいました。
しばらく1人遊びが出来るので助かっていました。
周りに危険なものはないか、触っても大丈夫かなどは再三注意を払っていました。
ミルクや母乳の吐き戻しもよくあったので、苦しそうではないかなどもよく見ていました。
(ひろちゃんママ28歳、2歳娘、東京都在住)

先輩ママの体験談:倒れてきたら危ないと思うものは周りに置かない事に注意していました

rcn赤ちゃん新生児 (5)洗濯物を干したり、料理をしている30分~1時間位なら目を離すことはありました。
泣いたりしたら駆けつけますが、ご機嫌で遊んでいるようならちょこちょこ様子を見て遊ばせておきました。
手の届く範囲に口に入りそうな大きさのものは何も置かない事。
倒れてきたら危ないと思うものは周りに置かない事に注意していました。
(ももかママ33歳、1歳娘、福岡県在住)


2.こまめに赤ちゃんを確認して

rcn赤ちゃん新生児 (36)
赤ちゃんの機嫌がいいとき、ママは家事をするために赤ちゃんを一人遊びさせておくこともありますよね。
「今のうちに!」と家事に夢中になることありませんか?

一気に済ませたい家事ですが、長い時間、赤ちゃんから目を離すことは危険です。

赤ちゃんが機嫌良く一人遊びできているのか、赤ちゃんの状態をちゃんと確認して安全に過ごしているのか確かめてあげてくださいね。

先輩ママの体験談:家事の合間に必ず赤ちゃんの状態を確認していました

ライフスマイルym (49)赤ちゃんから目を話して一人遊びをさせていたのは生後5か月頃からです。
寝返りがえりができるようになって一人で遊ぶことが増えてきました。
少しでも手がすけば、家事の合間であっても必ず赤ちゃんの状態を確認するようにしていました。
誤飲などの心配があるので、常に気を配る必要があると思います。
(ねえさん28歳、1歳息子、長崎県在住)

先輩ママの体験談:気になるので数十分おきに見に行ってました

rcn赤ちゃん1か月 (70)声の届く範囲の(部屋のドアを開けっぱなしなど)ほかの部屋で家事をしたりしていました。
それでも、やはり気になるので数十分おきに見に行ったりしていました。
友人はモニターなどを利用していました。
万が一、寝返りをした場合でも安全な状態(はずみで偶然寝返りになってしまった時などのために、窒息したりしないようにぬいぐるみなどを無駄に置かない・高いところに赤ちゃんを置かないなど)を気を付けていました。
(ゆうたんママ32歳、1歳半息子、兵庫県在住)

先輩ママの体験談:泣いたらすぐに声をかけて不安感は与えないようにしていました

mam_赤ちゃん (14)機嫌よく遊んでいれば目を離すことはありました。
ただし、泣いたらすぐに声をかけて不安感は与えないようにしました。
口に入れて危険なものを近くに置かないことと、転落などをしないように、ベッドにいるときはベッド柵を必ずしていました。
(ちーちーちゃんママ37歳、5歳息子、0歳娘、広島県在住)


現役保健師のアドバイスQ&A

prof05_kanekoQ:生後1、2か月の赤ちゃんを一人遊びさせた場合に起こりうる事故はどんな事故ですか?
(本当にあった話などがあれば、その件についても教えて下さい)

A:生後1,2ヶ月の赤ちゃんの場合は、自分で体を動かして事故につながることはありません。
この時期の赤ちゃんに一番多いのが、嘔吐したミルクの誤飲による窒息です。
授乳後の排気(ゲップ)が不十分で、授乳後にミルクを吐いてしまい、それが気管に入ってしまうのです。
それ以外には、柔らかい布団に赤ちゃんを横向きに寝かせてしまい、手足を動かした赤ちゃんが頭の重みでうつぶせになってしまい、窒息してしまう可能性もあります。

Q:1日中赤ちゃんに付きっきりは出来ないと思います。
 もし、目を離す際には、どのような点を注意して目を離したら安全でしょうか?

A:生後1~2ヶ月の赤ちゃんの場合、母乳やミルクの誤飲をしないように注意する必要があります。
離れる時はうつぶせを避け、授乳が終わったら排気(ゲップ)をしっかりさせてあげましょう。
もし排気(ゲップ)が上手に出なかった場合は、頭を少し高くするように傾斜をつけたり、どちらかの体の下に丸めたタオルを敷き、少しだけ体に傾斜をつけてあげるようにして、吐いた母乳やミルクが喉に詰まりにくいようにします。
特に授乳後1時間は注意して、こまめに様子をみてあげましょう。
赤ちゃんから離れる時は、赤ちゃんの周りにぬいぐるみや厚い布団などを置かず、ある程度の固さがあるベビー布団やバウンザーの上に乗せ、バウンザーの場合はきちんとベルトで固定をします。
ソファーなど転落しやすい場所に置いたり、フカフカのビーズクッションなどの上で寝かせるのも事故につながるので避けるようにしてください。

上のお子さんがいる場合は、ママが目を離したすきに、赤ちゃんを可愛がるつもりで口に食べ物を入れるなど危険なことをしてしまう場合もあるので、上のお子さんが小さい場合は、親が目を離さない方が良いでしょう。

3.赤ちゃんの声が聞こえるよう部屋のドアは開けておく

mam_赤ちゃん (15)
赤ちゃんがスヤスヤ寝ている時、静かにそっと寝かせておきたいですね。
寝ている間に自分の時間をもつなど、ママにとっても大切な時間です。
赤ちゃんのための静かな空間を作りたくて、部屋のドアを閉めるなどしていませんか?

もし赤ちゃんが起きて泣いてしまっていても、赤ちゃんの小さな声に気付かないこともあります。

赤ちゃんの泣き声にすぐ対応できるようにしておくと安心ですね。

先輩ママの体験談:泣いたらすぐわかるように部屋のドアは閉めなかった

rcn赤ちゃん1か月 (13)ごはんを作る時以外はほぼ同じ部屋にいました。
2か月頃だとまだ寝てばかりなので、目を開いているときはこちらからちょっかいをかけて遊びました。
寝ている布団がふかふか過ぎないことと、掛布団が顔にかからないように注意していました。
泣いたらすぐわかるように部屋のドアは閉めなかったです。
(しょうちゃんママ31歳、2歳息子、愛知県在住)

4.赤ちゃんの姿が確認できる距離感が大切

rcn赤ちゃん1か月 (61)
赤ちゃんは、いつでもママの温もりに包まれていたくてママを探しています。
ママの声、ママの匂い、ママの温もりを感じることで赤ちゃんは安心して過ごすことができます。
またママも同じではないでしょうか?

赤ちゃんから少し離れた所にいても、赤ちゃんの姿を確認することができる距離ならば、ママも安心して家事や自分の時間を持つことができますね。

赤ちゃんと同じ空間にいることで、突然の吐き戻しのようなハプニングにもすぐに対応することができます。

先輩ママの体験談:完全に目を離すということはしなかった

rcn赤ちゃん新生児 (39)その頃は、完全に目を離すということはしなかったと思います。
遊ばせながら何かをするときはひとり言のように、話しかけながら家事など行っていました。
何かを掴むという動作が出来るようになってくる頃なので、手が届く範囲にガーゼなどは置かないようにしていました。
万が一、口の上に落としても自分で払いのけることが出来ないのでそこだけは注意していました。
(ももちゃん34歳、年少さんの娘、東京都在住)

先輩ママの体験談:そばにいて一人遊びをさせていました

rcn家族赤ちゃん (1)目を離すというよりは、そばにいて空気を共有しながら一人遊びをさせていました。
赤ちゃんの声が届く範囲にいて話しかけたりしていました。
赤ちゃんの機嫌に合わせて一人遊びをさせていました。
まずは、体調、機嫌が良い状態であることが大切ですね。
その上で顔を覆ってしまうタオルやガーゼが近くにないか、授乳直後ではないかを注意しましょう。
(はなちゃん39才、11才娘、9才息子、7才息子)

先輩ママの体験談:ミルクの吐き戻しが多く、ほとんど目を離せなかった

ライフスマイルym (11)うちの娘はミルクの吐き戻しが多かったこともあり、ほとんど目を離すことはできませんでした。
トイレに行くときくらいで、あとは食事も娘の目の前で食べたりしていました。
寝返りができないうちからタオルやガーゼなどを顔の周りに置かない。
おもちゃを持って遊ぶこともできないので、目を離すときはおもちゃでもそばに置かないようにしていました。
(かえママ30歳、娘9カ月、札幌在住)

番外編:赤ちゃんとママの入浴

パパの帰宅が遅くママと赤ちゃんの二人っきり。
どうしても赤ちゃんから目を離さなくてはいけなくなる「ママの入浴」

赤ちゃんを部屋に一人残しての入浴は心配。
しかし首も座っていない赤ちゃんとの入浴も不安です。

赤ちゃんとママが一緒に入浴できるなら、赤ちゃんから目を離すことなくママも安心です。
現役保健師ライター金子奈菜絵さんに赤ちゃんとの入浴について聞いてみました。

prof05_kaneko保健師ライター金子奈菜絵Q&A
【入浴に関するよく寄せられる質問】
Q.1人で入浴させる際の準備・気を付けることを教えてください。
ママが1人でお風呂に入れる場合は、お風呂場に座布団やベビー布団を敷き、先にママの体や頭を洗ってから一緒に入浴する方が多いです。
赤ちゃんが泣いてしまうなどの理由で最初からお風呂場に入れる場合は、お風呂用のバウンザーやスポンジベッドを利用し、赤ちゃんの体が冷えないようにタオルをかけてあげるなどの工夫をしましょう。

いずれの場合も、入浴前に湯上りのタオルやベビー服の準備をしっかりして、お風呂上りに慌てないようにしたいですね。
また、生後1か月を過ぎてからはママと一緒のお風呂に入れますが、どうしても1人で入れるのが不安という場合は、無理せずに2~3ヶ月くらいまでベビーバスを使っても大丈夫です。

Q.入浴でおすすめな時間はいつですか?
生後1~2ヶ月の赤ちゃんは、少しずつ昼夜のリズムがついてくる時期です。
お風呂の時間は朝・昼・夜いつでも良いのですが、夜は7時か8時くらいまでに入浴を済ませるようにすると生活のリズムがつきやすいでしょう。

まとめ

生後1、2か月の赤ちゃんは、寝がえりしたりハイハイしたりすることはありません。
しかし、赤ちゃんの周りには危険なものがたくさんあります。

  • 安全であるはずのベビーベッドでは、周りの柵に頭をぶつけてしまう
  • 赤ちゃんのために準備してあるはずのお布団やタオルケットが赤ちゃんの顔を覆ってしまう
  • 寝返りのできない赤ちゃんがミルクを吐き戻し詰まらせてしまう

こういった危険から赤ちゃんを守ってあげられるように、赤ちゃんから目を離す際には十分に注意する必要があります。

赤ちゃんの機嫌に応じて適度な距離感を保つことで、赤ちゃんから完全に目を離さずに一人遊びさせることができ、それがママのリラックスタイムにも繋がりますね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

-ママと赤ちゃんの健康
-

Copyright© 安産ライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.