産後うつ対策

産後自分の感情がコントロールできない!を防ぐためにやりたかったこと~先輩ママの産後体験

更新日:

自分の感情をうまくコントロールできない!

産後は想像していたよりもたくさんやるべきことがあります。
授乳一つをとっても、想像以上に大変です。
そこで、赤ちゃんが泣いているときに思うとおりにできないと
「早くやらねば」「こうすべき」
と、自分に対してイライラを溜めてしまうママも多いようです。

先輩ママの産後体験(29歳・滋賀県・1歳女の子)

ママ太る2

産後うつのような自分の精神状態を上手くコントロール出来なかった
出産した翌日から、貧血がひどくてふらふらとしていました。
出産時に1リットル程の出血があったようで、退院するまで鉄剤を飲んで回復を待ちました。
里帰り出産だったので退院後は自分の実家で育児をしていたのですが、その時に辛かった事は産後うつのような自分の精神状態でした。
自然分娩だったので体の回復は早かったのですが、初めての出産で分からない事だらけで戸惑う事ばかりで、ちょっとした家族の助言にもイライラしてしまって感情のコントロールが上手く出来なくてよく泣いていました。
産後うつのような精神状態は、里帰り出産から帰ってきてからも1か月程続いて、夫にも当たり散らす事が多かったです。
待望の赤ちゃんとの生活で幸せなはずなのに、ホルモンバランスのせいなのか、寝不足のせいなのか産後約2か月くらいはずっとイライラしている日々でした。

反省点

夜泣きママ赤ちゃん疲れ
出産してから初めて、赤ちゃんには夜間も3時間おきに授乳しなければならない事を知ってびっくりしました。
ただおっぱいを吸わせるということだけでも意外と最初は難しいです。
そんなことも初めて身を持って経験しました。
出産するまでは、赤ちゃんの洋服や育児グッズを揃える事や出産時のイメージトレーニングばかり頑張っていました。
産後のお世話をどのようにしていくのかという知識を全く頭に入れていませんでした。
事前にきちんと知っていたならもう少し心構えもしていて、心に余裕も持てたかなと後悔しています。

編集部の視点

産後の精神的なストレスを軽減するために、産前からできることがあります。
それは、産前に産後の子育てについて少し予習をしておくことです。
(子育て予習のページは後日アップ予定です。)
産後、初めてのお子さんの場合は「初めてのこと」の多さに慌てふためくかもしれません。
どうしてこんなに思い通りにならないのだろうかと、苦しむこともあるかもしれません。
特に、産後は忙しさの余り自宅にこもりがちになってしまうので、「できないこと」ばかりが目につくママは多いです。
1人で悩んだり、苦しんだりしなくても良いように、産後の生活について情報を集めてくださいね。

初めて出産を経験したママの多くが、「どうして自分はこうなのだろうか」と思い悩んで過ごしているようです。

ご自分を責めてしまうときは、疲れが溜まっているときです。

異常な泣き方をしていたり、窒息などの危険要因がなければ、子どもが泣いていても少し休んでみませんか?
それが、明日の子どもと自分のためになるのですから。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

-産後うつ対策
-

Copyright© 安産ライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.