ぐずり・夜泣き・寝かしつけ対策

赤ちゃんが泣きやまなくて不安!解決するためにおすすめしたい3つのこと

更新日:

赤ちゃんが何度も泣いて、困り果てていませんか?
赤ちゃんが泣き続けるとママは「何で泣くの?何が嫌なのかな。」と不安にもなりますよね。

[mobile-only] 【広告の下へ続く】
[/mobile-only]

赤ちゃんが泣いている!どうしたら泣きやんでくれるの?

不安な状況が続くとママの気持ちまで落ち着かず、ゆっくり休めません。

1.搾乳していた母乳・ミルクをあげる

子ども赤ちゃん (179)
十分に睡眠をとったあと、母乳は一般的に午前6時ごろに最大量となります。
逆に、1日の活動を終えた午後6時~10時ごろに最も少なくなります。
(もちろん個人差や水分摂取量にもよります。)
よく母乳が出る人も分泌が少なくなる時間帯やタイミングがあります。
おっぱいをあげても抱っこしても泣き止まない場合、ミルクを足してみるのも1つの方法です。
できれば完全母乳でと思っている人は、分泌が多い時間帯に搾乳しておくと便利です。

2.抱っこで気分を変えてあげましょう

赤ちゃん抱っこ
生理的な不快な原因を取り除いても泣き止まないことはあります。
生後3か月の頃までは「抱っこ」「かまって」「甘えたい」といった気持ちを訴える泣き方は、まだ始まらないようです。
しかし赤ちゃんは抱っこが大好き。
包まれることで安心感が与えられます。
抱っこで泣き止むのであれば、抱きくせのことは考えずどんどん抱っこしましょう。

揺れが好きな赤ちゃんは多いと思います。

座って揺れたり立って揺れてみたり、車が好きな赤ちゃんであれば少しドライブをしてみてもいいかもしれませんね。
バスタオルで包みぎゅっと抱っこすることでも安心感を感じてくれます。

こんな方法もおすすめ!

篠原さん_指さし 右配置

[mobile-only] 【広告の下へ続く】
[/mobile-only]

  • ママの胸に耳を当て心音を聞かせてみる
  • ラッコ抱きしてソファに横になる
  • うつぶせにしてあげる

窒息しないように気を付けながら抱っこしてあげてくださいね。


ずっと抱っこするのは体力的にもきついものです。
抱っこひもやスリングに入れてゆらゆらしてみるとママの負担はぐっと減りますよ。
色々な抱き方を試してみて下さいね。

3.最適な温度にしてあげよう

子ども赤ちゃん (145)
赤ちゃんは体温調節がうまくできないので、すぐに高体温や低体温になってしまいます。
背中が汗をかいてないか、手足がいつもより冷たくないかチェックしてあげましょう。
エアコンを付けているとき室温計はどこに置いていますか?
暖かい空気は上へ、冷たい空気は下にたまります。
温度計を使う場合は赤ちゃんが寝ている場所で測ってあげてくださいね。

[mobile-only] 【広告の下へ続く】
[/mobile-only]

なぜ泣いているかわからない!という方は、こちらの記事がおすすめです。↓
新生児~2か月の赤ちゃんが泣きやまない!気をつけてあげたい13のこと

先輩ママの体験談

夜泣きが始まりました。
3,4か月頃には夜中に起きることが一度くらいしかありませんでした。
しかし、5か月になった辺りから夜中になって突然頻繁に起きるようになりました。
ひどい日は一晩に10回以上起こされることもありました。
日中は上の子もいるので自分自身の昼寝も思うようにできず、本当につらい日々でした。
夜が来るのが怖い位でした。
1歳2か月くらいまで続きました。
卒乳し、夜泣いても抱っこだけで乗り切ることを一週間続けたところ、だんだん夜泣きの回数は減っていきました。
(りゅうママ35歳・東京都・4歳と1歳の男の子)

まとめ

赤ちゃんが泣き止むコツがわかると、ママは精神的にゆとりが出てきます。
ゆとりが出てくれば、育児に前向きな気持ちになれますよ。
逆に、育児を楽しめずに自分を責めてしまう場合は、疲れているのです。
寝不足なママは、赤ちゃんが泣いていない間に寝てしまいましょう。
もちろん、赤ちゃんが寝ている間に休息をとるのもお勧めですよ。

産後は気持ちが張っているため、思っている以上に疲れがたまっていることもあります。

どうか休んでくださいね。

-ぐずり・夜泣き・寝かしつけ対策
-,

Copyright© 安産ライフ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.