ぐずり・夜泣き・寝かしつけ対策

赤ちゃんの夕暮れ泣き(黄昏泣き)でイライラ!改善するためにおすすめなもの

更新日:

執筆者:先輩ママ(いちひめママ)
編集者:西丸みのり

夕暮れ泣きのイライラ 我が家の対策とその効果

夕暮れ泣き(黄昏泣き)で困っていませんか?

生後間もない子どもが夕方になるとぐずり出し、何をしても泣き止まない事があります。
オムツはきれいで、ミルクでおなかもいっぱいなはずなのになぜ…?
抱っこをしても泣き止まず、打つ手が無くてママの方が参ってしまうことも。

熱心でまじめなママほど「自分のお世話の仕方が悪くて泣いてしまうんだ」と考えてしまうことでしょう。
でも、それはひょっとしたら「夕暮れ泣き(黄昏泣き)」と呼ばれるものかもしれません。

夕暮れ泣き(黄昏泣き)ってどんなもの?

夕暮れ泣きとは、生後2~4ヶ月の赤ちゃんのうち数割の子が経験すると言われる、
原因がハッキリしないで泣き出す現象のことです。

生後3ヶ月頃ピークを迎えるため、「3ヶ月コリック」、
たそがれ時に泣き出すので「たそがれ泣き」などいくつかの呼び方があります。
(お子さんの状態を正しく把握するためには、専門医の診断を仰ぐ方が賢明です。)

ママのお世話には問題が無いのに毎日泣かれると、精神的にとてもストレスになります。
誰かに相談しても「2ヶ月もすれば治るよ」と言われて、積極的な解消法が無い…。

誰かにとっては「ほんの2ヶ月」でも、家族にとっては永遠とも思える時間に感じられます。
我が家にとっても、この夕暮れ泣きはとても大きな問題でした。

夕方のぐずり泣きを少しでも解消したい!

ハイローチェア
娘が生後2ヶ月頃のことです。
夕方になるとぐずりがひどくなり、母乳やミルクをあげて抱っこをしてもなかなか寝なくなりました。

毎日同じくらいの時間になると泣き出して、私も主人も精神的にも肉体的にもまいってしまいました。
どうにかならないかと思い、効果はわからないけど…とわらにもすがる思いで購入したのがハイローチェアです。

商品が届いてさっそく試してみたところ、効果テキメンでした。
揺らし始めて間もなく寝てくれたのです。
手動で揺らし続けなければならず大変ですが、今まで抱っこして
あやしていたことに比べたらとても楽になりました。

ハイローチェアを使って良かったこと

娘にかかりっきりで両手がふさがっていた時間も、ハイローチェアに寝かせて
揺らすことで片手が空くようになりました。
本を読んだり、少しですが自由な時間が手に入りました。

精神的な支えになったハイローチェア

私たちはハイローチェアを「魔法のベッド」と呼び、しばらくの間大変重宝しました。
基本的には、ハイローチェアには頼らず抱っこで寝かせる努力を続けましたが、

「どうしてもだめなときはこれに頼ればいいや」という精神的な安心感がありました。

子どもの泣き声をどうして良いかわからず、途方に暮れていたことを思うと
とても大きな支えになったアイテムと言えます。

まとめ

一番大変な時期は、ハイローチェアのスイングのおかげで乗り切ることができました。
いつの間にか揺らしても寝なくなってしまったので、最近は出番がありません。

ですが、離乳食が始まった頃からはお食事用の椅子としても使えますし、
思ったより長い間使える育児アイテムだなと思っています。

我が家では、ハイローチェアが無ければどうなっていたか…というくらい、とても良い仕事をしてくれました。

お子さんが寝なくて困っているというママさんには、一度試してみてもらいたいです。
リビングでのお昼寝にも使えますし、あるとないとでは結構違うと思いますよ。

執筆:先輩ママ(いちひめママ)
先輩ママのプロフィール

41歳で娘を出産しました。
子どもが1歳半になった現在、毎日の育児でてんやわんやです。
生後2ヶ月頃から一晩起きずに寝てくれる、できた娘です。

編集:西丸みのり
西丸みのり

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

-ぐずり・夜泣き・寝かしつけ対策
-

Copyright© 安産ライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.