離乳食

離乳食の遊び食べでぐちゃぐちゃ!遊び食べの予防になる3つのこと

更新日:

離乳食の遊び食べで悩んでいませんか?
赤ちゃんが初めてミルク・母乳以外のものを口にするのが、離乳食です。
よく食べる子、食べない子それぞれですが、ぐちゃぐちゃにするばかりで食べてくれないと心配になってしまいますね。

離乳食を遊び食べする赤ちゃんにはどうしたらいいの?

頑張って作ったのになかなか食べてくれなくてストレスでイライラ。
そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

1.食べることは楽しいこと

男子ども19
今まではミルクだけが赤ちゃんの栄養源でした。
でも離乳食が始まると少しずつ、ミルク以外の栄養を摂るようになってきます。
バランス良い離乳食を心がけているのに、肝心の赤ちゃんが無関心では困りますね。
食べてくれないというのは、赤ちゃんが食に興味がないことが考えられます。
今までは口に含んで吸うだけだったのに、離乳食が始まればスプーンでひとさじずつ食べなくては口に入ってきません。
簡単に栄養補給できていたことが、これからはそうではなくなります。
食べることに興味を持ってもらうためにも、みんなが食卓で食事をしている時には赤ちゃんも一緒に座らせましょう。
食べる姿を見るうちに、次第に興味が湧いてくるようになりますよ。

2.遊び食べも、成長には大切なことのひとつ

離乳食
食べることは食べるのだけど、遊ぶほうが多いという場合もあります。
離乳食を始めてしばらくすると行きあたる壁ですね。

でも、それでいいんです!

赤ちゃんにとっては、どれが口に入れるものなのか、入れてはいけないものなのか分かりません。
食べ物で遊んではいけないということは、大きくなれば当然知ることです。
でも今は、楽しんでいることが本当は大事なのです。
ぐちゃぐちゃにして半分も食べていないのだとしても、あまり気にすることはありません。
その感触もきっと楽しんでいるのですから、手で触って食べたいのなら、そのまま任せてしまいましょう。

お片づけが大変!という時期がしばらく続くことになります。
小さめのレジャーシートを床に敷いて、汚れが飛び散らないように対策をして、見守ってみてください。
全く食べてくれない場合は、赤ちゃんがぐちゃぐちゃにしてもいいお皿と、ママが食べさせるお皿を別にしてくださいね。
遊んでいる合間に、ママが「あーん」と口へ運んであげてください!

3.スプーンを持たせてみよう

20150317_002
最初はひと匙ずつママが食べさせていましたが、赤ちゃんはママの持っているスプーンにも興味深々です。
手でぐちゃぐちゃにされるのが嫌なら、赤ちゃん用にひとつスプーンを用意してみましょう。
使い初めは全く上手く食べることができませんが、ちょっとずつスプーンですくって口に運ぶことを覚えていきます。
そして、ママをお手本に、食べる練習を始めます。
その細かい動作が、赤ちゃんにとってはとっても難しいことがよく分かりますよ。

執筆者の体験談

一人目の離乳食は、何も分からない手さぐり状態からスタートです。
とても食いしん坊だったので、特に困ることはありませんでした。
そのせいか大きくなっても好き嫌いなく育っています。
顔中におかゆを塗りたくっていた頃が今では懐かしく感じられますね。

まとめ

食べるということを赤ちゃんが理解するのはとても時間のかかることです。

離乳食のうちは、食べる=楽しいことだと赤ちゃんが知ることが一番大切です。

ミルクも飲んでいますし、栄養不足になるんじゃないかとあまり心配することもありません。
あまりにも離乳食がはかどらなくてストレスに感じてしまう時もあるかもしれません。
そんな時には、市販のベビーフードを利用するなど、無理なく続けられる方法を選んでくださいね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

-離乳食
-

Copyright© 安産ライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.