双子育児

高齢出産で双子を妊娠!双子育児で大変だった3つのこと

更新日:

執筆者:篠原佳苗

高齢出産で双子育児をするのはなにが大変?

初めての子育てでは、慣れない育児で不安を抱える方も多いと思います。
高齢出産をすると高齢育児となりますが、育児にはどうしても体力が必要となります。
身体がへとへとになってしまうお母さんもいるでしょう。

双子を出産した場合には、二倍、手が掛かってしまうこともあります。
高齢出産での双子育児で、大変なことをご紹介したいと思います。

双子育児の大変なこと全般について、下の記事でも詳しくご紹介しています。
 双子の妊婦さん必見!双子育児に困ったことと6つの解決法

1)とにかく体力を使う

ママ子ども疲れ
双子の場合、二人を同時に抱かなければならない時もあります。
新生児のうちならまだしも、成長するにつれて赤ちゃんの体重は増えていきますよね。
どうしても身体に負担がかかり、疲れやすくなります。
双子用の抱っこ紐も販売していますので、ベビーグッズを上手く利用したいですね。

国からの支援制度

双子や多胎のお母さんのための国の支援もあります。
一年に二回までならば、大幅割引でヘルパーを派遣してくれる制度もあります。
ファミリーサポートを利用してヘルパー派遣なども格安で利用できます。
このような制度を上手に利用すると負担が軽減されますね。

2)買い物に行くのも困ってしまう

ベラミオリジナル
一人っ子ならば、抱っこ紐やベビーカーで出かけるという人も多いですよね。
双子のお母さんの場合は、一人で二人を連れて出かけるのはなかなか難しいものです。
赤ちゃんの用品はミルク缶やオムツなど、重たいものも多くあり、とても辛いものです。
そんな時には、ネットを利用しましょう。

ミルクやオムツなどをまとめて販売しているドラッグストアやベビー用品専門店も、ネット通販をしています。

普段の買い物もネットスーパーを利用できます。
このような便利なものを利用して、身体を労わりましょう。

二人同時に抱っこができる、双子専用抱っこひもがあります。
使い方によっては一人抱っこにも使えるというもの。
子どもが大きくなるとママにかかる負担が大きくなりすぎますが、双子の同時抱っこが可能になる画期的なアイテムです。

アマゾンファミリーを利用する

アマゾンでは、おむつを常に値引き価格で配達してくれるシステムがあります。
定期的に配達してくれるので買い忘れもなく、とてもおすすめです。

3)夜泣きが止まらない!どうしたら良いの?

子ども赤ちゃん (7)
赤ちゃんも生後七ヶ月ぐらいから、夜泣きが始まる子もいます。
双子の場合、両方泣き出すこともあり、困ってしまうことも多いのではないでしょうか。

そんな時には、掃除機やドライヤーの音を聞かせると良いでしょう。
赤ちゃんがお腹の中で聞いている音は、掃除機やドライヤーの音と似ているといわれています。
このような音を聞かせることで、良眠するともいわれています。

掃除機の音を集めた動画もあります。
近所迷惑で無いなら、本物の掃除機やドライヤーを掛けても良いですね。
夜泣きもずっと続く訳ではありませんので、少しの間の辛抱ですよ。

まとめ

ざっとまとめてみましたが、若い人に比べると、30代後半からの双子育児はかなりきついものがあります。
夫や実家の両親、義親などにもサポートが頼めるならば、お願いするようにしてください。
それに、ヘルパー派遣なども、とても便利なものです。

生後三ヶ月からは一時保育が可能な保育園もありますので、問い合わせてみても良いですよ。

お母さんもできるだけ楽に育児ができるように、いろんな方法を見つけると良いかも知れませんね。

執筆:篠原佳苗

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

-双子育児
-

Copyright© 安産ライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.