産後の育児

1歳の育児中精神的・肉体的に大変だったこと5選!乗り越え方と体験談

更新日:

1歳をすぎると、子どもはさらに好奇心旺盛になり行動範囲も広くなりますね。

好奇心だけでどんどん行動するので、ママは目が離せません。

1歳児は、脳が未発達なので、ちょっとした環境に左右されやすい時期でもありますが、
大人が環境を整えてあげれば、子どもは変わることができるとも言えます。

1歳児の育児、乗り越える5つのコツ

夜中に起きる子は、生活リズムを見直してみましょう。
イヤイヤが出始めますが、まだ、それほどのこだわりはないので対処の工夫ができます。

1歳児との向き合い方のコツと、先輩ママの体験談を詳しくご紹介していきます。

1.夜泣き・夜中に起きる

rcn赤ちゃん1か月 (45)
1歳を過ぎて、ミルクやおっぱいを卒業したのに夜泣き?と心配になりますね。

でも、1歳過ぎの子どもが夜中に目を覚まして泣くことは普通のことです。

今までより行動範囲が広がって、少し脳が興奮状態かもしれません。
大人も心配事があると、いやな夢を見て夜中に目がさめることがありますね。
1歳未満の育児に疲れた!育児のストレスを解消できる5つのスポット

おすすめの対処法:生活リズムを見直してみましょう。

鈴木さん_指さし 右配置

  • 朝は早く起きて陽の光を浴びる。
  • 昼間は外で遊ぶ時間と昼寝の時間でメリハリを付ける。
  • 夕方は、電気の色も落ち着いたものにする。
  • テレビはつけても少なめに、スマホもおもちゃ代わりにしません。
  • お風呂に入って、絵本を数冊読んでから寝ると体も心も落ち着いて入眠できる。
  • 9時就寝を目標に1日の生活リズムを整える。
この時間に寝かせるのはママにとって戦いかもしれません。
でも、生活リズムと安心感は、子どもの成長に欠かせません。

反対に言えば、親としてできることは、それくらいしかないのです。
ささやかな毎日の積み重ねをがんばれば、子どもは自分の力を十分発揮できます。

先輩ママの体験談:夜中に何回も起きる

20151221_ayatama_a02うちの息子は夜中によく起きる子で毎晩5.6回おきていました。
日中お昼寝の時間を少なくし、沢山遊ばせて疲れさせて熟睡してもらう作戦も見事にダメでした。
やはり、子育ては体力勝負ですので睡眠が取れず毎日の疲れが溜まって行ったのが一番辛かったです。
ほんの少しの事で泣いているのに、すぐに駆け寄ってよしよしするとそれがくせになってとってもとっても甘えんぼさんになるので、これぐらいは大丈夫かなって思ったら少し離れた所から見守ってあげるのもいいかと思います。
(ずっきママ21歳・息子2歳・大阪在住)

先輩ママの体験談:夜泣き、イヤイヤ期

rcn赤ちゃん1か月 (61)1歳前から1歳半までは夜泣きが酷くて大変でした。
1歳半を過ぎると少しずつイヤイヤが始まって、一緒に出掛けるのが大変になってきました。
今の内に人見知りを克服しとけば、後々楽だと思います。
ストレスを溜めず穏やかに無理せず過ごせるよう、1歳児はこんなもんだと思って気楽に育児をすれば良いと思います。
(ふーちゃんママ28歳、2歳娘、大阪在住)

2.イヤイヤ期の対応

20151230_ayatama_a (7)
1歳のイヤイヤは、好奇心の表れです。
大人が先に環境を整えておくことで、子どものイヤイヤとママのイライラが減ります。
また、何に好奇心を持っているのかで、対応も変えます。

1歳になったら、やってはいけないことには、怖い顔と低い声で「(だ)め!」と言いましょう。

そして、同時に代わりの楽しい事へ導いてあげます。
子どもは大人の顔を見て、良いこと悪いことの判断を覚えていきます。
訳もなくグズグズ言うときは、お腹がすいているときや眠いときですね。

おすすめの対処法その1:室内の危ないものを片付ける、ガードをつける

鈴木さん_指さし 右配置

  • 踏み台を使っても届かないようにする
  • 扉や引き出しにもガードをつける
  • 包丁は流し下の扉の裏にはしまわない


おすすめの対処法その2:さわっても大丈夫な場所を作る

鈴木さん_指さし 右配置

  • 大人の本棚は本を引き出せないようにしておく
    本を引き出されると大変なので、いつもより1冊多くぎゅっと入れておく
  • 子どもにはお気に入り絵本の棚を与える
  • 台所にも1カ所だけ開けられる扉を用意し、中に密閉容器など安全なものを入れておく
  • 冷蔵庫の扉に、口に入らない大きさのマグネットをつけておくとおもちゃとして遊べる


おすすめの対処法その3:遊びに適したおもちゃを用意して一緒に楽しむ

鈴木さん_指さし 右配置例えば、

  • 入れ子になっているカラフルなコップのおもちゃ
  • つなげたチェーンリング
  • 洗面器、洗濯ばさみ、小さい鍋、泡立て器など
  • ラップの芯を5㎝くらいに切って、フェルトで包み縫い止めたもの

1歳の頃は、高いおもちゃより、身近な物が案外お気に入りになります。
出し入れできる物、重ねられる物、音がする物などが好きです。


おすすめの対処法その4:お風呂、着替え、歯磨きなどは笑顔と楽しいことで誘導

鈴木さん_指さし 右配置ママが笑顔で、ちょっとした声かけやおもちゃで誘導してみる。
お風呂、着替え、歯磨きなどを題材にした絵本を楽しむのもおすすめ。
子どもが楽しそうに感じられる雰囲気作りがポイント。


おすすめの対処法その5:危なくないこだわりは好きにさせてあげる

鈴木さん_指さし 右配置

服を後ろ前に着たがる、靴を左右逆に履く、晴れても長靴を履くなどは好きにさせて。
ママは、一緒に面白がってしまう。

自然への興味は、多少のことは見守る。
(水たまりでどろんこ、虫をいじり殺してしまう、花をちぎるなどなど)


おすすめの対処法その6:生活リズムに関わること・安全に関することは毅然とした態度で大人がリードする

鈴木さん_指さし 右配置外出の行き帰りは、子どもの手首を握って、大人と一緒に歩くことを教える。
子どもが勝手に走り回るのは、子どもを危険にさらし、周りにも迷惑をかける。
帰る前に1回声をかけ、時間になったら「帰りますよ」と言って行動する。

帰るためになだめようとしなくていい。

(泣いているうちは帰れない=子どものペース)


先輩ママの体験談:イヤイヤ期の対応

ライフスマイルym (40)本人なりの希望や伝えたいことがわからなく、かんしゃくを起こしたとき特に時間に終追われているときは余裕がなく精神的にイライラしました。
2歳を過ぎて言葉が豊富になってきてコミュニケーションが取りやすくなり、本人なりの気伝えたいことが分かってきました。
イライラして叩きたくなるときも確かにあります。
私もこらえきらずに叩いてしまったことがあり、子どもは叩かれると大泣きし、ますます時間がかかったりこちらも激しい自己嫌悪になったりで解決につながりません。
イライラ頂点の時はちょっとトイレにいくとか、叩いても何の解決にもならないぞと一歩とどまるようにしましょう。
ちょっと客観的になって、少しずつイライラの対処を訓練していければいいと思います。
(とっこ42歳・2歳娘・1歳娘・鹿児島県在住)

先輩ママの体験談:イヤイヤ期の対応

ライフスマイルym (32)1歳4ヶ月頃から徐々にイヤイヤが始まり、2歳になる直前まで続きました。
何も予定が無い日ならイヤイヤ期だからと聞き流せることも、予定がある時はその日その時によって違うイヤイヤのバロメーターに合わせるのが大変でした。
イヤイヤ期も成長の一つです。
イヤイヤの真っ最中は子ども自身が好きな物、興味を持っている物で興味を引こうとしても上手くいかない時が多くなります。
そんな時は深呼吸して客観的に見る事が大切です。
感情的になってしまうと上手くいかなくてママもイライラしてしまい、悪循環になる可能性があります。
肩に力を入れ過ぎないでください!
(はつまる30歳・6歳息子・2歳娘・東京都在住)

3.危ないことへの対応

ライフスマイルym (34)
家の中で危ないことをしているときは、とりあえず抱きかかえてその場を離れさせます。

日々子どもは成長して、行動範囲も思いがけず広くなっていることがあります。

おすすめの対処法:危ないと思ったら片付けを見直しましょう。

鈴木さん_指さし 右配置危ない状況をそのままにして、「ダメ」を繰り返しても疲れてしまいますよね。
それと同時に、いじって楽しめることをいろいろ工夫してあげましょう。


1歳を過ぎて断乳を勧められたら?やめるか悩むママへ卒乳の勧め

先輩ママの体験談:好奇心旺盛で危なくてイライラ

rcn赤ちゃん1か月 (2)歩けるようになってから、いろいろなところに興味を持って、あちこち登ったり開けたりぶつけたり大変でした。
あぶなっかしいうえ、いたずらも増していく一方で、1歳半の頃がピークでした。
イライラして仕方なかった。
言うこと聞かない我が子にイライラする毎日で精神的に追い詰められました。
でもやっぱり怒鳴ることや、手を上げてはいけませんね。
「だめよ」と一言いっておしまい。
いうこと聞かない時はしばらくほっておく。
(らいり24歳、2歳娘、神奈川在住)

4.おもちゃの取り合い

1歳児は、自分の興味で動きますから、おもちゃの取り合いになるのも当然です。
お友達と仲良く遊ぶことを求めるのには、まだ早い時期なのです。

おすすめの対処法:ママとの関わりを基本に生活しましょう

鈴木さん_指さし 右配置2歳までは、基本はママと一緒に遊ぶか、1人遊びをするかで十分です。
同じくらいの子どもを持つ「ママ友」との交流は、ママにとっては息抜きになるでしょう。

子ども同士が押し合って思わぬケガのないよう見守ってくださいね。

取り合いが激しくなるなら、しばらくは一緒に遊ばなくても子どもの成長には問題ないです。
人のいない公園をみつけて、2人で砂場遊びを楽しんでみてはいかがでしょう?
ママとゆったり過ごした安心感があれば、幼稚園などに行ってもお友達と仲良くなれます。


先輩ママの体験談:友だちとのおもちゃの取り合い

kk赤ちゃん (2)1歳のころの育児中で一番大変だったのは、おもちゃの取り合いです。
1歳なんてまだまだこっちの言うことも通じてないし、でも自分がやりたいことというのははっきりしてきていたので諭すのが大変でした。
お隣に1ヶ月違いのお友達がいて、親同士も仲が良くお互いの家に子どもを連れて遊びに行っていたのですが、その時のおもちゃの取り合いがいつもすごかったです。
それも2歳手前にはなくなっていったように思います。
順番というワードを覚えたことが大きかったです。
いい意味でふっきれてしまうことも必要だと思います!
お友達と仲良くできない…とかおもちゃを取り返すためにお友達を押したり叩いたりする…って悩んだりしているなら、もう遊ばないのも手だと思います。
上に今7歳の子どももいるのですが、幼稚園にいくようになればある程度のことは理解してくれますしわかってくれます。
(はるはる32歳・7歳娘・2歳息子・大阪在住)

5.仕事と育児の両立

外で仕事をしているママは、小さいお子さんが熱を出すことが多く大変でしょう。
職場環境が整っていて、上司の理解があれば、本当に助かりますね。
これからは高齢化社会になり、ママの労働力もますます貴重になっていきます。
また、少子化対策として、働く女性が子どもを産んで育てる環境も大切になります。

今はまだ、恵まれた環境ばかりではないかもしれません。
でも、社会は働くママを支える方向に動いています。

おすすめの対処法:困りごとは、会社や上司に相談しましょう

鈴木さん_指さし 右配置会社が変わっていくことを期待して、困ったことは上司に相談してみましょう。
子育ての時期は一時です。
今思うように働けないことを引け目に感じることはありません。


先輩ママの体験談:仕事と育児の両立

rcn家族赤ちゃん (20)初めての育児の中、1歳になって職場復帰したのは良かったですが、息子が体調崩しやすく持病もありました。
『熱が出ました』というお迎えコールのある時や、帰宅後に体調悪そうな時は、心配だけど仕事が・・・とすごく精神的に追い詰められていました。
入院も1年に3回あり、子どもの体調管理面ですごく大変でした。
理解ある会社の体制や上司の励ましがあって助かりました。
「仕事を辞めなかったのは理由があるのだろう?今の状態で再就職は難しいから辛くても会社にしがみつけ。こっちはわかって雇っているのだから」と上司に言われてやはり理解ある会社に勤めることが子育てして働いていくのには大切なことだなと感じました。
まずは、働いていて子どもの体調が落ち着かない時は話を聞いてくれる上司に定期的に相談するといざという時に助けてくれますよ。
(りゅうかいママ25歳・2歳と1歳の息子・静岡県在住)

まとめ

いかがでしたでしょうか?
動き回る1歳児に毎日つきあって、体力的にも精神的にも辛いママもいると思います。

外遊びの時間をとても長くする必要はありませんよ。
午前中に1時間ほど外遊びをしたら、家に帰り絵本を読んで一緒に昼寝をしましょう。
ママもひと休みできます。

体力のあるときは、夕食の準備もしてしまえば、夕方は余裕を持って過ごせます。
外で仕事をしているママは、夕方は大忙しでしょう。
なるべく早く子どもを寝かせ、ママもしっかり休めるといいですね。
お体に気をつけて、とりあえずその1日を乗り切るつもりで気楽にいきましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

-産後の育児
-

Copyright© 安産ライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.