2人目・3人目・4人目出産と育児

2人目・3人目妊娠中で体調が悪い!家事が楽になる4つの工夫

投稿日:

執筆者:梅田万由子

妊娠中で体調が悪い時、どうやって家事をしたらいいの?

体調が悪い時の家事ほど大変なことはありません。
育児と家事と妊娠をうまく両立する必要がありますが、誰の助けも借りられないママもいます。
そういった時はどうしたら家事が楽になるのでしょうか。

1.家事はまとめて!

女子ども8料理
一日の疲れがたまると、妊娠中は夕方頃に体調が悪くなることが多いですよね。
夕方までに全てを済ませておきませんか?
家事はまとめて終わらせましょう。
朝食を作るついでに、パパのお弁当と一緒に自分や子どものお昼ご飯も作っておきます。
夕飯は簡単に作れるレシピにして、下ごしらえまで済ませておきます。
夕飯時には、後は焼くだけ、温めるだけまで仕上げておきます。

後は子どもとゆっくり過ごしたり、上の子がまだ小さいようでしたら一緒にお昼寝して体を休めましょう。

2.家事は時短で!

ママ雑巾がけ2
時間短縮して、余った時間をゆったりと過ごせるようにしましょう。
食器は食洗機に、洗濯は乾燥まで洗濯機に、お掃除はお掃除ロボットに…。

もし便利な電化製品があるのなら、それを最大まで有効活用しましょう。

そういった家電がない場合は、必要最低限の家事だけになるように工夫します。

また買い物に行くのが大変な時もありますね。
小さい子どもを連れて、重たい荷物を運ぶのは大変です。
そういった時はスーパーの宅配サービスを利用しましょう。
朝、インターネットで注文すると自宅まで届けてくれるネットショップもたくさんありますね。
利用するとその分時間短縮にもなりますね。

3.家事はサボって!

女子ども16ママ
小さい子どもがいると、片づけても片付けても部屋が散らかってしまいますね。
イライラしてしまいますが、今だけと割り切って思い切って片づけるのをやめてみます。
多少散らかっているくらいでは病気になんてなりません。

元気な時にまとめて掃除をしたらいいんです。

また、子どもにはお片づけをちょっとずつ教えていきましょう。
片付けなさい!といったところで、子どもはうまく片付けることはできません。
物にはちゃんと指定席があることを教えてあげてください。

大人のように複雑な片づけはできませんよね。
まずは小さい子どもでもできるように工夫してみてください。
子どもが片づけやすいように、大きなかごなどを用意しておきます。
子ども自身が片づけるだけで、随分お掃除は楽になります。

洗濯物も子どもが小学生になったら、自分の分は自分で畳んでタンスにしますようにしてみませんか?
子ども用の小さいカゴを用意して、乾いた洗濯物は仕分けして渡します。
子どもが自分自身でできることが増えたら、それだけママの負担は減りますね。

4.パパにも手伝ってもらう!

洗濯4
どうしても体調が悪いときもありますよね。
できない時は、家事もパパにお願いしてみましょう。

仕上がりに不満があったとしても、「ありがとう、助かるわ」という言葉を添えることが大切です。

完璧な仕上がりじゃなくても、一時期だけのことです。
上手に褒めて産後もお手伝いしてもらえるようにしたいですね。

先輩ママの体験談

妊娠中、干し終わった洗濯物を片づけるのは、子どもにお手伝いしてもらっていました。
真夏の場合は、一番暑い時間帯に洗濯物を片づけることになるので、夏休み中のお手伝いになっていました。
体調が悪い時は洗濯物を畳むのも手伝ってもらっていました。
夏休みが終わった時にはアルバイト代として毎月のお小遣いとは別に渡しました。

まとめ

妊娠していない時と違い、妊娠中は色々なトラブルがあります。
あちこち痛くなったり、お腹が張ったり、悪阻や体調不良などで辛かったり…日々状態は変わっていきます。
まとめて家事をすることで、ゆっくりと体を休める時間が作れますね。

要領よく家事をこなしたり、便利なサービスを利用したり、子どもやパパの手を借りてうまく家事を回していくことは大切です。
周りに頼ってくださいね。

妊娠中の大きなお腹を抱えているストレスも、少しは解消されるはずです。

執筆:梅田万由子

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

-2人目・3人目・4人目出産と育児
-

Copyright© 安産ライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.