ベビーシート・ベビーカー・抱っこひも

5~11カ月のベビーカーの防寒対策で気を付けて!寒さ対策で失敗したこと4選

更新日:

お出かけはベビーカーでというママも多いですね。
寒い冬の防寒対策は進んでいますか?

  • ブランケットはいるのかな?
  • 寒くないようにみんなはどんなことをしているの?
  • 靴下や手袋もいるのかな?
どんなものが便利で、実際に役立っているものは何なのか知りたいですね。

寒い日のベビーカーでのお出かけ、寒さ対策は大丈夫?

寒さ対策として取ってみたけれど、こうすればよかったというアドバイスをご紹介します。
先輩ママの失敗談も合わせてご紹介しますので、より具体的でわかりやすいですよ。
是非参考にして、本格的な冬が来る前に赤ちゃんのために寒さ対策を万全にしてあげてくださいね。

1.ブランケットが落ちて困る

rcn赤ちゃん1か月 (18)
ブランケットは、保温だけでなく風よけや日よけにも便利で優秀なアイテムですね。
外出の際に準備をして出かけて、子どもの足元にかけてあげるママも多いのではないでしょうか。
でも、子どもはじっとしてベビーカーに乗ってなてくれないんですよね。
足も手もバタバタ、興味のある物が見えたら、身体も乗り出したりします。
ブランケットも落ちてしまいますね。

ベビーカーに取り付けられる留め具を使用してくださいね。
それでも落ちてしまう場合はもう1組留め具をつけてみてはいかがでしょうか。

かわいい洗濯バサミやクリップを使ってみるのもオススメです。
ママが布テープやリボンを輪に縫って洗濯バサミやクリップを留めるという手間がかかりますが、お気に入りのクリップでのオリジナル留め具作りも良いですよ。
子どものお気に入りのクリップにしておけば、留め具として使わない時でも手先で触れるおもちゃにもなります。
せっかくママが寒さ対策のために用意したブランケット、落ちてしまっては悲しいですね。
是非留め具にも工夫をしてみてくださいね。

先輩ママの体験談:子どもが蹴ってブランケットを落とす

ライフスマイルym (21)ブランケットをかけて防寒対策しようとしても、子どもはベビーカーで足をよく蹴ったりしてすぐにブランケットをはねのけて落としてしまいます。
新しくベビーカーでもエルゴでも使えるブランケットを購入しました。
ダウンの素材で風を通さないので、これから更に寒い時はそのダウンと親子でくっついてエルゴで防寒したいと思います。
後はあまり外に出歩かないのがよいかなと思います。
(のんたんママ30歳・8か月息子・名古屋市在住)

先輩ママの体験談:ブランケットが風で飛ぶ

kk赤ちゃん (1)防寒対策のために、お出かけ時に薄いブランケットを子どもにかけていたら、強風で飛んでしまったことです。
ブランケットだけでは寒いと思ったので、子どもにニット帽をかぶせたり、防寒効果の高い衣類を着せたりして対策をしました。
(ねえさん28歳・2歳息子・長崎県在住)


先輩ママの体験談:ブランケットが落ちて困る

rcn赤ちゃん新生児 (30)普通のブランケットを、ベビーカー専用の留め具を使って掛けていたが、足の動きが活発だったのですぐ外れてしまった。
子どもにはジャンプスーツを着せていたが、雪の降る地域なので更にブランケットを留め具を使って掛けていた。
走行中に何回も外れて大変だったし、ブランケットが汚くなって洗濯も面倒だった。
(ぽんた26歳・4歳娘・宮城県在住)

2.靴下はなくなりやすい

ライフスマイルym (3)
手先や足先の寒さ対策に靴下や手袋を使うママも多いですね。

赤ちゃんの靴下は短いものが多いので、赤ちゃんが足をちょっとバタバタとしただけで脱げてしまうことありませんか?

そのまま気づかずに帰宅して、片方だけなくしてしまうこともありますね。
手袋も右手と左手がつながっているもありますが、片方ずつ独立したタイプのものはよくなくします。

赤ちゃんや子どもに履かせる靴下や手袋は、ぴったりサイズでないことも、なくしてしまう原因の一つですね。

靴下が大きいかなと思う時は、靴下の上からレッグウォーマーを履かせてみてはいかがでしょう。
レッグウォーマーがストッパーになり簡単に靴下が脱げなくなり、温かいので一石二鳥です。
アウターの袖口と足先に押し返しがあり、折り返し部分を伸ばすと手先と足先が包まれるようになっているものもオススメですよ。

ベビーカー選びで失敗したくない!目的に応じて選ぶ4つのポイント

先輩ママの体験談:靴下をよくなくした

kk出産準備 (19)乳児の頃、足が冷えると思い靴下を履かせていました。
ベビーカーの中で足をばたつかせるので靴下が無くなっていることがよくありました。
外出時には足元まですっぽり覆ってくれる上着を着せたり、多少大きくなってからは足元がポケットのようになっていて足を覆うことができるひざ掛けをかけてあげていました。
子どもは体温が高めなので、自分基準で厚着させすぎないように気をつけていました。
(あやママ43歳・10歳娘・東京都在住)

3.手足や顔が冷たくなりやすい

rcn赤ちゃん1か月 (3)
寒い上に冷たい風が吹くと赤ちゃんの頬や手が真っ赤になって、冷たくなりかわいそうですね。
帽子を被せて、少しでも寒くないようにブランケットをかけ、厚着をさせるなどママは一生懸命です。

ベビーカーの上から雨除けなどに使用するビニール素材のカバーで被うのはいかがでしょうか。

カバーは雨除けだけでなく寒さ除けや風よけにもなりますので、カバーされたベビーカーに乗せられた赤ちゃんは温かいですよ。
ベビーカーがカバーされていれば赤ちゃんも比較的厚着をしなくても済むかもしれません。
室内に入ってもカバーを取るだけで良いので楽ですね。
是非お試しください。

先輩ママの体験談:風の対策が不十分だった

rcn赤ちゃん1か月 (20)毛布を敷いてその上に赤ちゃんを乗せました。
そして赤ちゃんに毛布をかけてベビーカーの屋根を閉めて、それで防寒になっていると思いましたが、寒かったようで赤ちゃんの体が冷えていました。
赤ちゃんの服装は、服の上にコートを着せ足には靴下をはかせていました。
毛糸の帽子も被せていました。
防寒に使ったものは毛布です。
十分暖かいと思っていましたが、風が強い日だったので風が当たって冷えたようです。
(みなみ32歳・5歳娘・岡山県在住)

先輩ママの体験談:風で顔と手が冷たくなってしまった

ライフスマイルym (26)風が吹くと顔が寒そうです。
服や上着はしっかり着せていたのですが、手がとても冷たくなっていてかわいそうでした。
帽子をかぶせました。
上着についている帽子なので暖かいようでした。
しかし、手を出したがったので、手だけ冷たく冷えてしまいました。
手袋は嫌がりました。
上着は、丈が長い方が良いので、大きめを着せています。
(ようこママ31歳・2歳息子・埼玉県在住)

4.着せすぎで汗だくになりやすい

rcn赤ちゃん1か月 (8)
寒い冬の外出の時は、ママは赤ちゃんが寒くないようにといろいろ準備をしてあげますね。
ベビーカーに座っているだけだと寒いだろうと思って、ついついたくさん着せ過ぎてしまい赤ちゃんが汗をかいていることもあります。

暑くて赤い顔になっていないか、背中に汗をかいていないかなど細目に確認をして調整をしてあげてくださいね。

また、外出して室内に入ったら、忘れずにアウターを脱がせブランケットを外してあげてください。
温度調節だけでなくオムツ替えもありますから、アウターは脱がせやすく着せやすいものを選ぶと良いですね。

先輩ママの体験談:着せ過ぎで汗をかかせた

rcn赤ちゃん1か月 (4)子どもに厚着をさせて、モコモコのロンパースを着せた上に、ベビーカーには毛布を敷いて子どもを乗せ、上から毛布をかけました。
モコモコ生地のひざ掛けを敷いたり掛けたりしました。
服装は、長袖のフリース生地のロンパースを着せました。
外を歩くだけならいいのですが、店に入ると暑かったようで汗をかいてしまい失敗でした。
(ちゃっぴママ29歳・2歳息子)

先輩ママの体験談:着せ過ぎで暑くて大泣き

KNSL_赤ちゃん (2)ジャンプスーツに膝掛けをかけたら汗だくになり、大泣きでした。
子どもは暑がりなので調節が難しいと思いました。
足まですっぽりのジャンプスーツとモコモコのロンパース。
どれくらい着せたらいいのかいつも悩みます。
(りくママ30歳・1歳息子・茨城県在住)

まとめ

ベビーカーは赤ちゃんとのお出かけに便利ですね。
赤ちゃんが寝てしまってもベビーカーに寝かせたままで移動でき、急いでいるときも乗せたままでママが走ることもできます。
そんな便利なベビーカーですが、寒い時、赤ちゃんは坐っているだけなので寒いのではないかと心配になりますね。

私もよくベビーカーを使用しましたが、寒い時に助かったアイテムはビニール素材のカバーでした。

雨の日に使っていて、寒い冬にも使えそうだと気づいてからは愛用しました。
保温性に優れていますので、極端な厚着をさせなくて良いのが楽でした。
室内に入るとカバーを取るだけで子どもの着替えをしなくて済みました。
子どもが温かくてママも楽できるのはうれしいですよね。
ベビーカーでのお出かけは頻度も高いと思います。
先輩ママのアドバイスを参考に、いろいろと試してみてくださいね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

-ベビーシート・ベビーカー・抱っこひも
-

Copyright© 安産ライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.